ブラジル:レンソイス ~想像以上の遊覧飛行~

ベレンからバスで12時間ちょっと、サン・ルイスへ移動してきた。

2011Brasil380

ベレンからサン・ルイスは毎日1便20時発のみ。

ベレン発が20時で、所要およそ12時間とのことだったが、案の定遅れているようだ。
間に合わないかヒヤヒヤしたが、ラッキーなことに8時40分頃にサン・ルイスのバスターミナル到着することができた。
バスを飛び降り、慌ててレンソイス・マラニャンセス国立公園観光の拠点バヘリーニャス行きのバス・チケット会社へ走り、どうにか8時45分発のバスのチケットを手に入れることができた。
このバスを逃すと、14時まで次のバスがなかったため、助かった。

サン・ルイスからバヘリーニャスまでは、およそ4時間。
結局17時間近くバスに乗り続けたのだが、ブラジルのバスは快適なので、あまり苦にならない。

今回、バヘリーニャスを訪れるのは、レンソイス国立公園を訪れるためだ。
ここは、最近人気が急上昇している地域なのだとか。
レンソイスは、2月から6月の雨季に降った大量の雨が、広大な砂丘のくぼみにたまり、無数のエメラルドグリーンのラグーンを作ることで知られている。
乾季は、多くのラグーンが干上がってしまうのだが、一方で観光シーズンは乾季で、雨季だと道が悪路になり、訪れるのが難しくなるのだとか。

ここをはじめて知ったのは、世界の果てまでイッテQで、世界一美しいビーチとして紹介されていたためだ。
珍獣ハンターのイモトが訪れ、訪れるのも大変で秘境だけど、スゴイと絶賛していたのを覚えている。
まあ、正直、アクセスは楽々だし、決して秘境じゃない気もするのだけど、あれだけ色々訪れているイモトが絶賛していたのだから、ちょっと期待している。

バヘリーニャスでバスを降りると、ツアーの勧誘の客引きが群がってきた。
バス移動が長時間だったため、ツアーへの参加は翌日にすることにし、安宿情報を集める。
どうやら、15レアル(750円)くらいの宿があるらしい。
部屋は、まあまあ清潔だった。
ただ、トイレ兼シャワールームには、襲ってこそこないものの、常に蚊が50匹くらい壁に張り付いており、あまり気分のいいものではない。
さらに、水がかび臭いのである。
ただ、ブラジルの物価上昇はすさまじいようで、どの宿もガイドブック記載の値段の倍くらいになっており、安宿は貴重である。
トイレとシャワーは我慢することにして、宿泊することにした。

2011Brasil414

バス停の前の旅行会社サントス。

2011Brasil381

この宿が格安の朝食付き15レアル。

 同じバスに、ベルギー人カップルが乗っており、彼らは個室には泊まらず、ハンモックをかけて泊まる予定らしい。
なんと7レアル(350円)とのことだった。

チェックインして、一休みした後、レンソイス国立公園の遊覧飛行情報を集めることにした。
主催のOpetourのオフィスは、地球の歩き方記載の場所にはなく、どこも特に宣伝をしていないようだ。
先ほど、客引きしていたサントスという旅行会社に行くと、連絡してくれることになった。

最少人数4人で催行らしいのだが、現時点では参加者は1人もいないらしい。
4人の場合は1人200レアルらしいのだが、暇だったのでぐたぐた粘っていたら、1人参加で250レアルにしてくれるとのことだ。
予想よりだいぶ高いので、値切り、235レアルで行けることになった。
まあ、ちょっと高いけれど、レンソイスでは遊覧飛行が最大の目的だったので、仕方ない。

遊覧飛行は6人乗りのセスナで行うらしい。
パイロットの横に陣取り、いざ出発。
なぜだかわからないが、パイロットも写真を撮る気になっている。

離陸後、パイロットが写真を撮りながらの運転で揺れるし、気が気でない。
さすがブラジル・・・。

しかし、パイロットが、自分自身もやる気に溢れているため、急旋回などし、何度も国立公園の上を飛び回ってくれた。
通常30分程度らしいのだが、45分くらい乗っていただろうか。

それにしても、上空からのレンソイスは美しかった。
多くの湖は干上がってしまっていたが、それでもなお美しかった。
また、いくつかの湖には、水が残っており、想像通りの風景を見ることができた。

しかし、だいぶアクロバティクな飛び方をするので、酔ってしまった…。
与那国島へ行く、通称ゲロ船でも問題なかったのに、何ていう荒い運転なんだろうか。

遊覧飛行を終え、大満足で町の中心へ戻る。

2011Brasil389

ベネズエラ、ガイアナと小さいセスナに慣れてきた。

2011Brasil390

今回は操縦席の横に乗る。

2011Brasil391

機内の様子。

2011Brasil392

離陸直後。

2011Brasil393

バヘリーニャスの町並み。

2011Brasil394

レンソイスが見えてきた。

2011Brasil395

周囲には木も多い。

2011Brasil396

まさに想像通りの白砂が。

2011Brasil397

残念ながら乾季のため干上がっている部分も多い。

2011Brasil398

レンソイスの景色。

2011Brasil399

やはり上空からの景色は素晴らしい。

2011Brasil400

干上がってしまっているが、なかなかの景色だ。

2011Brasil401

水が残っている部分もある。

2011Brasil402

まさに絶景。

2011Brasil403

夕日に照らされる。

2011Brasil404

かなり広範囲に広がっている。

2011Brasil405

雨季には全て水で埋まるとは圧巻だ。

2011Brasil406

四駆ツアーで訪れるラグーナ。

2011Brasil407

この辺りは水が残っている。

2011Brasil408

期待通りの風景。

2011Brasil409

上空からも湖の底が見えるほど透き通っている。

2011Brasil410

レンソイスのラグーナ。

2011Brasil411

レンソイスのラグーナその2。

2011Brasil412

バヘリーニャスの町並みその2。

2011Brasil413

バヘリーニャスの町並みその3。

しばらく歩いた後、飛行機酔いもだいぶ覚めてきたため、早めに夕食を食べることにする。

ブラジルには、夕方以降、街角に安食堂が出ることが多い。
だいたい、ご飯にサラダ、牛肉か鶏肉を焼いたもので、5~8レアルなのだが、バヘリーニャスは3レアルだという。
格安すぎる。
味もなかなかおいしく、サービスしてくれてボリュームも満点だ。

ビールを飲みながら食べていると、昼間すれ違ったフランス人カップルがやってきて、
「一緒に食べないか?」
とのことだ。
さすがに大観光地、旅行っぽくなってきた。
3人で飲んでいると、昼間バスで一緒だったベルギー人カップルも来て一緒に飲むことになった。

彼らと話していても、
「日本人に会ったのは、はじめて」
とのことで、南米全般的に、今は日本人が少ないようだ。

旅の情報交換や、なぜにブラジル人は何を聞いても「素晴らしい!」としか言わないのかなど、取り留めのない話をしつつ、気がついたら夜の12時である。

バヘリーニャスは、治安に不安をまったく感じないので、夜中まで外を歩けてうれしい。

久々に夜中まで飲み、アジアなら毎日こんな感じなのになあと思いつつ、今後は大観光地の連続になるので、期待が高まってきた。

2011Brasil382

教会

2011Brasil383

町の中心のタクシースタンド。

2011Brasil384

プレグィシャス川。

2011Brasil385

ちょっとしたリゾート風のレストランも多い。

2011Brasil386

町中にも砂丘がある。

2011Brasil387

川沿いはのどかでいい雰囲気。