ブラジル:都会で居心地のいいレシフェ

サン・ルイスから25時間のバスに乗り、レシフェへやってきた。

25時間のバスといっても、ブラジルのバスはゆったりしていて、さらにガラガラで隣の席も利用できたため、あまり苦にならなかった。
ただ、15時間ほど経過した時から、ほぼ完治したと思っていた左足が急に痛み出し、みるみる腫れていく感じがわかった。
痛み出すと、足をどう置いても、痛みを感じるくらいなので、
「あーあ」
と言う感じ。

25時間移動で歩かないため、足を休ませることができると思ったのだが、むしろ長時間のバスは負担になってしまったようだ。

バスターミナルについてすぐに、痛み止めを飲み、塗り薬などを使うも、さほど即効性があるわけではないので、足を引きずりながらの宿探しとなった。

レシフェは、ブラジルにしては珍しく、長距離バスターミナルと旧市街が電車でつながっており、比較的楽に移動することができた。

旧市街のレシフェ駅から、ホテルエリアまではかなり距離があったのだが、足を引きずり、普段の3倍くらいの時間をかけて到着した。
しかし、ガイドブックに記載のホテルはすべて満室とのことだ。
まだ、朝の10時で、外国人旅行者はあまり訪れない場所だが、国内旅行者に人気なようだ。

2011Brasil547

レシフェ駅。

周囲のホテルを探すもどこも満室で、足の痛みも限界に来て、近くにあったパン屋に行き、聞いてみると、なんと安宿を教えてくれた。
パン屋のお兄ちゃん、どうもありがとう。
ということで、チェックイン。
決してきれいではないけれど、泊まれるだけでありがたい。
部屋の天井部分など、かなりの部分が網戸すらなく、虫入り放題の宿だったが、なぜかWifiは使うことができた。
Wifiの前に、網戸張るのが先決なんじゃと感じたりも・・・。

2011Brasil481

偶然見つけたポサーダ・パリ。

痛み止めも効いてきたし、そもそもレシフェと近郊の世界遺産オリンダに行くのに、わずか1泊しかしないので、気合を入れて歩くことにした。

途中で薬局により、湿布を大量購入。
こちらでは、湿布は一般的ではなく、久光製薬のサロンパスしか売られていない。
さらに1枚125円と言う破格の値段である。

ついでに、飲む痛み止めを買いたかったのだが、なかなか通じない。
ポルトガル語辞書片手に、
「足が痛いから、痛み止めが欲しい」
と言うと、どこの薬局でも
「足の痛み止めはない」
と言われる。

そこで、
「足だけじゃなくて、頭痛にも、腰痛にも、膝痛にもすべて効くやつ」
と伝えると、4軒目の薬局にしてようやく薬を出してきてくれた。
店員は、
「これで間違いない」
というが、説明書を見てもわからず、なんとなく風邪薬っぽい気もするが試してみるか。

レシフェは世界遺産に登録されているわけではないが、教会群も素晴らしく、そして何より都会でレストランなども多く、居心地がいい。
露店で販売している食べ物も他の地域より圧倒的に品数豊富で、色々な果物を切った上にアイスを置き、そこにカキ氷のシロップのようなものをかけてくれる夢のようなスイーツまで格安で販売していた。
これがわずか70円と言うから驚きである。

そう考えると湿布高すぎ・・・。

レシフェでは、サン・ジョセ地区のヘプブリカ広場周辺のカンポ・ダス・プリンセザス宮殿やサンタ・イザベル劇場を訪れた。

2011Brasil520

カンポ・ダス・プリンセザス宮殿。

2011Brasil541

サンタ・イザベル劇場。

2011Brasil522

サンタ・イザベル劇場その2。

2011Brasil521

ヘプブリカ広場。

2011Brasil519

裁判所。


2011Brasil543

裁判所その2。

また、大通りに面した有名な教会のサン・ペドロ・ドス・クレーゴリス大聖堂やカルモ教会、サント・アントニオ修道院などを訪れた。

2011Brasil537

サン・ペドロ・ドス・クレーゴリス大聖堂。

2011Brasil538

カルモ教会。

2011Brasil539

カルモ教会その2。

2011Brasil540

サント・アントニオ修道院。

2011Brasil535

裏通りにあった教会。

2011Brasil536

規模は大きいガイドブック未記載の教会。

 レシフェには、かつて監獄として使われていた建物を市場として利用しており、なかなか興味深かった。

2011Brasil530

カーザ・ダ・クルトゥーラ。

2011Brasil534

いかにも監獄風の建物。

2011Brasil526

裏側もテレビに出てきそうな雰囲気。

2011Brasil527

いかにもな外観。

2011Brasil528

土産屋として使うのは、素晴らしいアイデアだと思う。

2011Brasil529

市場内部。


2011Brasil523

市場内部その2。


2011Brasil525

市場内部その3。


 さらに、ボア・ビスタ地区のボア・ビスタ修道院なども訪れた。

2011Brasil533

ボア・ビスタ修道院。

2011Brasil482

ボア・ビスタ地区の噴水。

2011Brasil483

食べ物屋や薬局、衣料品屋が集まっている。

2011Brasil532

きれいな白い教会も。

2011Brasil551

何か不明だが、立派な建物。

2011Brasil484

ボア・ビスタ橋。

2011Brasil546

ボア・ビスタ橋その2。

2011Brasil531

橋からの眺め。

2011Brasil544

きれいな町並み。

2011Brasil545

町がカラフルで美しい。

2011Brasil549

と思いきや、反対側はスラム。

2011Brasil550

スラムはフィリピンに似ていた。

 サン・ルイスがしょぼかっただけに、期待していなかったが、期待を大幅に上回ってくれた。
足が痛くても、これだけ満足できたのだから、結構すごかったのだと思う。