ブラジル:予想以上の大都市のブラジリア

サルバドールから次の目的地のブラジリアへは飛行機で移動してきた。

以前は、1日に朝便と夜便の2便のバスがあったようなのだが、2011年10月現在では、なんと深夜2時発の24時着という最悪のスケジュールでのみ運行されている。
22時間の長距離移動に加え、出発と到着が深夜というのはただの苦痛でしかないため、飛行機で行くことにした。

航空券の値段を調べると、この路線はWebjetとAvianca Airが安いことがわかった。
ただ、どちらもWebでは、ブラジル人IDを入力しないと購入できず、結局町中の代理店で手数料30レアルを払って購入することとなった。
空港のカウンターで直接購入しても、いずれにしろ手数料30レアルが必要で、外国人は無駄に金額が上がってしまうのが大いに不満だ。
なぜに、日本人などと選択したにも関わらず、ブラジル人IDを入力しないと次の画面に進めないのか不思議だ。
他にもチェックしたが、TAM航空はブラジル人IDが必要なく、ネットで購入が可能だった。

当日、朝順調にチェックイン。
ブラジルでは、リオデジャネイロとブラジリアのホテルの値段が異常に高い。
ブラジリアは見どころも少なそうなので、昼頃到着し、午後に観光を済ませ、空港泊をし、翌早朝の便でリオデジャネイロに行く予定だ。

しかし、利用予定の飛行機が遅れている。
午後しか観光の時間がないだけに、冷や冷やしてしまった。
結局、1時間足らずの遅れで到着することが出来た。

ブラジリアは、過去を持たない首都として世界遺産にも登録されており、中央高原の荒野にわずか5年で建設した都市と聞いていたため、かなり小さな町かと思ったのだが、上空から見るとかなりの大都市だ。
首都なので、高層ビルはあるだろうと思っていたが、かなり広範囲に住宅街もあるようで、大勘違いだったようだ。

空港のインフォメーションで情報を得ようとすると、なんと日系人の方が担当で、日本語が通じた。
英語すら通じないと覚悟していたのに、日本語で話せるなんて、これだけでとてもラッキーな気持ちになれる。

ブラジリアの観光ポイントはコンパクトにまとまっている。
バスで、首都としての機能の中心部三権広場へ向かった。

三権広場には、国会議事堂、最高裁判所、大統領府などがある。
どれも奇抜な外観だ。
写真を何枚か撮って、カテドラル・メトロポリターナに向かうことに。

2011Brasil764

三権広場。

2011Brasil760

三権広場その2。

2011Brasil772

三権広場その3。

2011Brasil776

パンテオン(霊廟)。

2011Brasil765

大統領碑。


2011Brasil773

大統領碑全体像。

2011Brasil762

最高裁判所。

2011Brasil761

目隠し裁判の像。


2011Brasil768

大統領府。


2011Brasil775

労働戦士の像と大統領府。

2011Brasil774

労働戦士の像。


2011Brasil771

国会議事堂前の椰子の木広場。

2011Brasil780

国会議事堂。

2011Brasil779

外務省。

2011Brasil781

奇抜なビル。

2011Brasil782

有名な建物らしいが…。

2011Brasil783

土産にもなっているオブジェ。何を表しているのか?

ブラジリアは、高原にあり、通年過ごしやすいと聞いていたが、今日の気温は35度・・・。
暑い。
アイスやコーラが続々欲しくなってくる。
治安も良さそうな町で、買い食いをしながら観光を続ける。

カテドラル・メトロポリターナだが、残念ながら外観は工事中だった。
ただ、内部も美しく、満足だ。

2011Brasil789

カテドラル・メトロポリターナ。

2011Brasil784

カテドラル・メトロポリターナその2。

2011Brasil785

内部も美しい。

2011Brasil786

キリスト像。

2011Brasil787

内部の像。

2011Brasil788

内部の像その2。

すぐそばにある国立博物館も訪れた。
ちょうどアンゴラ写真展をやっていたのだが、驚異的に上手な写真ばかりだった。

2011Brasil790

ブラジリア国立博物館。

2011Brasil791

博物館近くの奇抜なビル。

2011Brasil792

近距離バスターミナル。

そのまま、テレビ塔へ向かった。
テレビ塔では、高さ75メートルの展望台に上り、周囲を一望できる。

2011Brasil793

テレビ塔。

2011Brasil801

テレビ塔その2。

2011Brasil794

テレビ塔からの眺め。

2011Brasil795

テレビ塔からの眺めその2。

2011Brasil796

テレビ塔からの眺めその3。

2011Brasil797

テレビ塔からの眺めその4。

2011Brasil798

テレビ塔からの眺めその5。

2011Brasil799

テレビ塔からの眺めその6。

ブラジリアで驚いたのは、博物館も展望台もすべて無料なことだ。
さすが首都なだけに、心が広い。

テレビ塔近くの露店街で、土産を探すも、どれもいまいちだ。
なんかクオリティーが低いのに、値段が高い。
冷やかしだけで、購入せず。

時間が余ったので、ドン・ボスコ聖堂に行ってみることにした。
青いステンドグラスに照らされた内部はなかなかの美しさだった。

2011Brasil802

ドン・ボスコ聖堂。外観はなんてことないが。

2011Brasil803

内部はとても美しい。

暇だったので、デパートをうろつきつつ、空港に戻ることにした。

わずかこれだけの観光のために、高い移動費を払ってなぜにブラジリアにと多くの人に聞かれたが、なぜかブラジリアには行ってみたかった。
結果として、特にすごいものはなかったが、どうしても訪れてみたかったので満足だ。

ブラジリアの空港には18時頃戻ってきた。
翌日の早朝5時まで暇だ。
この旅、初日のペルーのリマ以来の空港泊となる。
27歳にもなって、空港泊はあまりしたくないのだが、5時発の便に間に合うために空港に移動するのも苦痛、かつブラジリアのホテルの物価高もあり、空港泊を選択した。

ブラジリアの空港だが、滑走路が見渡せてとてもきれいなのだが、いかんせんフードコートなどの規模が小さい。
首都とはいえ、観光客も少なく、利用者もさほど多くないためなのだろう。

危険そうな雰囲気はみじんもないので、DVDでも見ながら時間を潰すことにする。
それにしても、ブラジリアで空港泊している人の少なさにはびっくりだ。
リマなんて何十人もいたし、メルボルンとかもちらほらいたけれど、そもそも人がいない。
やっぱ、バックパッカーが少ないからだろうか。
でも、快適。
どこのイスも使い放題だ。

2011Brasil804

ブラジリア国際空港。

2011Brasil805

首都だけど、空港はこじんまりしている。

2011Brasil806

滑走路の見晴らしは抜群だった。