ブラジル:リオデジャネイロ ~期待外れの大観光地~

ブラジリアの空港で夜を明かし、一睡もせぬままリオデジャネイロに到着した。

リオデジャネイロという大観光地の空港なので、かなり規模も大きく近代的なのかと思いきや、しょぼい。

2011Brasil809

リオの空港。

2011Brasil808

だいぶ古びていて、しょぼい。


2011Brasil811

見た目だけは立派な空港バス。

フレスコンという空港バスでさえ、9レアルなのに、
「お釣りがない」
といって、ほぼ全乗客が10レアル払わされる始末。

車窓から見るセントロ付近の風景も、いかにも治安が悪そうな感じで、期待がしぼんでいく。。

有名なビーチも、期待していた美しいものからは程遠く、期待が大きかっただけに、落胆も大きい。

とりあえず、予約している宿に行ってみることにした。

リオデジャネイロのホテルはどこも異常に物価が高い。
ブラジルでは、サンパウロ、リオデジャネイロ、ブラジリアと3つの都市だけ物価がまったく違うようだ。

リオデジャネイロでは、あらかじめホステルを予約しておいた。
ガイドブックにも記載されており、おそらく1番有名なチェ・ラガルト・コパカバーナである。
しかし、ネットの評判はどれもいまいちで、特にシャワーなどの水周りがとても汚いとのことだ。
さらに、12~15人部屋が多いようだが、夜中までうるさく寝れたもんじゃない的な書き込みもある。

あらかじめ6人部屋で、部屋にシャワーがあるところを選ぶことにした。
ちょっと値段は高いが、オーストラリアで夜中までうるさいホステルにはうんざりしていたので、眠れないよりはマシだ。

ホステルに到着し、チェックインしようとすると、
「私は日本語を話せないから、英語で話してください」
と言い出した。
「は?英語で話してるんですけど。」
ということで、第一印象は最悪だ。
どうやら自分が話せないのを、人のせいにしているらしい。

さらに、ネットで予約してあることを伝えると、
「本当にここのホステルですか?
名前が見当たらない」
などと言い出す。
「もう1泊分クレジットカードで払ってあるから、ちゃんと調べろ!」
ということで、ようやく見つけたらしい。

追い討ちをかけるように、
「チェックインは14時からなので、それまで待っててください」
だと。
ホテルならともかく、バックパッカー向けの宿だと、なんだかんだと受け入れてくれるものだがホスピタリティ最悪だ。

そしてそして、ネット予約時には、1泊目と2泊目の料金が高く、3泊目と4泊目の料金が安めの設定だったのだが、全て1泊目の料金で請求してきた。
当然、断り、全部調べさせたが、とにかくサービスが最低だ。

エアコン付の部屋だが、エアコンは夜19時以降しか使えないとか、Wifiも有料なのだが、雨が降ると使えなくなるとか、ブラジルで泊まった中で最低な宿なのは間違いない。

チェックインできないので、ビーチを歩いてみるも、・・・。
こんなんなら、4泊もせず、1泊分の金を捨ててでも、サンパウロ方面に移動してしまおうかなと思ったりも。

2011Brasil1008

宿泊したチェ・ラガルト・コパカバーナ。

【後日追記】
宿泊してしまうと、毎日シーツを交換してくれるし(普通1週間に1回とか)、掃除も行き届いていて、それなりに快適だった。

ただ、旅というより、パーティーに参加したい人ばかりで、完全に昼と夜が間逆の人が多い。
朝6時に戻ってきて、昼間はずっと寝ているみたいな。