ブラジル:リオデジャネイロ ~ポン・ジ・アスーカル~

天気はいまいちだったのだけれど、おそらくもう2度とリオを訪れることはない気がしたので、ポン・ジ・アスーカルにも訪れてみることにした。

ポン・ジ・アスーカルは、その見た目から、砂糖パンという意味で、ウルカ海岸とベルメーリャ海岸の間に突き出た半島にある。

2011Brasil1061

ロープウェー乗り場前の広場。

2011Brasil1062

ロープウェー乗り場。

2011Brasil1063

ロープウェー。

ここでは、ロープウェーを使って展望台へ行くことができる。
しかし、またまた値段が破格に高い。
2011年11月時点で、往復53レアル、わずか396mまで登るだけで、2500円近くも払わなくてはならないのである。
これもガイドブック記載の料金のほぼ2倍だ。
どうやら年々値上がりしているようである。
とは言え、全員払うわけで、足元見てるよなあと思いつつ、ロープウェーに乗り込んだ。

ロープウェーは、まず標高220mのウルカの丘まで結ばれている。
ここからの景色もなかなかよく、さらにヘリポートも用意されており、観光ヘリをその場で申し込むことができるようになっていた。

事前に、ヘリコプターの情報は調べてあり、とても惹かれたのだが、天気が悪すぎて断念することにした。

2011Brasil1064

ここからの景色も素晴らしい。

2011Brasil1065

コルコバードの丘も見える。霞んでいるけどキリスト像も。

2011Brasil1066

ヘリポート。天気がよければ…。

2011Brasil1067

フラメンゴ海岸方面。

2011Brasil1068

空港方面。

さらに第2ロープウェーに乗って、396mのポン・ジ・アスーカルの頂上へ。
ここからは、コパカバーナ海岸の全景などを見ることができる。

2011Brasil1079

第2ロープウェー乗り場。

2011Brasil1071

いよいよポン・ジ・アスーカル頂上へ。

2011Brasil1076

ロープウェーはこんな感じ。

2011Brasil1072

ベルメーリャ海岸とコパカバーナ海岸。

2011Brasil1074

セントロ方面。

2011Brasil1075

コルコバードの丘とボタフォゴ海岸。


2011Brasil1078

コパカバーナ海岸。

リオデジャネイロで最も有名な展望台は、コルコバードの丘だが、町を見たいならポン・ジ・アスーカルの方がきれいかもしれない。

しかし、天気が恨めしい。
結局リオデジャネイロには4泊5日滞在して、初日の午前、4日目と5日目の午後しか晴れなかった。
雨季に訪れたわけではないので、ちょっと運が悪かったかもしれない。

2011Brasil1081

周辺から見たコルコバードの丘。