ブラジル:サンパウロ ~かつての世界三大日本人宿ペンション荒木~

オーロプレットから夜行バスでサンパウロにやってきた。

サンパウロには、いくつかの長距離バスターミナルがあるのだが、その中でも一番大きなチエテ・バスターミナルに到着した。
空港顔負けの広さである。
さらに、サンパウロのバスターミナルは、地下鉄と直結しており、アクセスも楽で素晴らしい。



2011Brasil1330

オーロ・プレットからのバス。

2011Brasil1335

チエテ・バスターミナル。

2011Brasil1334

空港みたい。

2011Brasil1333

電光掲示板もある。

2011Brasil1332

大量のバスが並んでいる。

サンパウロでは、日本食を食べることが目的なので、東洋人街(リベルタージ)に宿泊しようと考えていた。

評判の良い鹿児島県人会館は、一部バックパッカーが大騒ぎし、現地新聞に醜態が載ってしまったため、バックパッカー宿泊禁止になってしまったらしい。
まったく、良い迷惑である。

さらに、サルバドールであった光くんなどの情報によると、ペンション・ナミは休業中で、何度ベルを鳴らしても人が出てこないとのことだった。

ということで、選択肢は自然と1つに絞られた。
かつて、世界三大日本人宿といわれたペンション荒木である。
ただ、ここのところ、インターネットでも情報ノートでも評判がすこぶる良くない。

まず、値段が高いということが最大の欠点である。
2011年11月の時点で、1泊のみの場合50レアル、2泊以上で1泊45レアルであった。
さらに、Wifiは有料で、毎日別途5レアルも課金される。

そして、セーフティーボックスもないため、トラブルが多いという情報もあった。
その話の真偽はわからないが、確かにチェックインしても、セーフティーボックスもなく、治安のいまいちなブラジルで、常に財布などを全額入れて持ち歩くのかと、やや不安になった。

現在、かつて大不評だったという新々館はなくなり、本館と新館のみの営業となっている。
キッチンは、新館のみであり、さらに情報ノートなどもそちらにしかない。

情報ノートは、管理がずさんなためか、盗難の連続らしく、さほど有意義な情報は得られなかった。

さらに、日本語の本など大量にストックしてあるかと思いきや、ものすごい古いのしかなく、がっかりだ。

宿泊している人だが、日本人の年配の人ばかりである。
新々館の方に、比較的若い長期滞在者もいるようだったが、旅人というより、住んでいる感じだ。

宿のオバちゃんはとても親切なのだけれど、値段から見るとだいぶ厳しい。

2011Brasil1338

右から1番目がペンション・ナミ、2番目が荒木本館、4番目が荒木新館。


2011Brasil1405

ペンション荒木。

2011Brasil1337

ペンション荒木。2段ベッドじゃないのは良い。

2011Brasil1406

本館ロビー。

2011Brasil1404

新館の休憩場。

町歩きをしていると、なんとペンション・ナミの営業が再開していることがわかった。
1泊のみの場合40レアル、2泊以上で1泊35レアルで、Wifi込みとのことだ。
これは、移動するしかないなと、早速移動してみた。

部屋の質は、荒木の方が断然上だ。
ペンション・ナミは安いだけで、物置のようだし、ドアなども穴だらけなので、蚊も入り放題である。
ベッドもマットが薄く、痛いし、風が入ってくるので寒い。
ただ、ここでロライマ山以来の寝袋が大活躍。

ただ、外歩きをしてから、部屋に戻ると、ネズミの糞らしきものが、ベットの上にあったりと、安かろう悪かろうの感は否めなかった。

2011Brasil1463

ペンション・ナミ。単なる物置…。ベッドのマットは異常に薄く痛いし、隙間風が寒くて、寝袋必須。