Web Master

ホンジュラス

ホンジュラス:まさに地獄絵図のテグシガルパ

ホンジュラスの首都テグシガルパにやって来た。 地球の歩き方にこそ、治安はそこそこ良いという記載がされているが、実際には近年凄まじく治安が悪化しているという噂を聞いていた。 ニカラグアのマナグアと並び、世界一周中の旅行者が中米を省く原因の一つとなっている町である。 昼間は、歩いていても問題ないという話を聞いていたため、なるべく明るい時間につくべく、TICAバスの朝5時出発の便を利用することにした。 TICAバスは値段は高いのだが、国境の手続きも行ってくれ、楽だ。 予定では、1...
ニカラグア

ニカラグア:旅行者強盗被害率が世界有数の都市マナグア

治安の悪さと見どころの少なさから、中米をスキップするバックパッカーが多いが、その最大のネックとなっているのがマナグアの悪評である。 特に旅行者が訪れるTICAバス社周辺の治安が悪いらしく、白昼堂々強盗が行われるという脅威の場所でもある。 念には念を入れ、レオンからマナグアへミニバスで移動してきて、即タクシーに乗り換え、TICAバス社に到着した。 バス会社周辺にも多くの宿があったが、翌日の早朝5時発のバスだったため、TICAバスターミナル併設のホテルに宿泊することにした。 ...
ニカラグア

ニカラグア:これぞがっかり遺跡のレオン・ビエホ

世界遺産に登録されている遺跡があるということで訪れることにした。 遺跡は、レオン・ビエホといい、スペイン人の入植地の遺跡だったらしい。 ただ、モモトンボ山の噴火と地震によって、町は崩壊してしまったらしい。 レオン・ビエホというくらいなので、レオンからすぐなのかと思っていたのだが、まずラ・パス・セントロという町に行ってから、モモトンボへ移動と、チキン・バスを2台乗り継ぎ、およそ2時間の道のりとなった。 レオン・ビエホに到着するも、誰一人観光客がいない。 しばらくすると軍人...
ニカラグア

ニカラグア:生活感や活気のあるレオン

レオンに移動してきた。 グラナダからミニバスを利用しマナグアへ行くと、同じバスターミナルからレオン行きのミニバスが出ているため、ロスなく移動することができる。 レオンは、グラナダに比べると、市場の規模などから現地の生活感を感じることができる。 また、人口も多いのか、活気に溢れている。 と言いつつも、本音を言えば、日記に何を書いていいか思いつかないくらい特に特徴のない町でもある。 これは、グラナダにも共通して言えることだ。 コスタリカのサン・ホセからマナグアへ一気に入り...
ニカラグア

ニカラグア:ツーリスティックな町グラナダ

サン・ホセからTICAバスで、グラナダまでやってきた。 コスタリカとニカラグアの国境の雑然とした雰囲気と、それに加えた大雨にはうんざりしたが、無事到着することができた。 もうお馴染みのTICAバス。 国境。入国税高すぎ。 ニカラグアというと、マナグアの悪評ばかりが目立っており、全てすっ飛ばしてしまおうかなどとも思っていたのだが、せっかくなので、グラナダとレオンは訪れることにした。 グラナダだが、想像以上にツーリスティックな町だった。 正直、カテドラルなどの教会もさ...
コスタリカ

コスタリカ:幻の鳥ケツァールを間近で目撃!

コスタリカを訪れる人の多くが、ケツァールを見ることを目的にしているのではないだろうか。 ケツァールは、世界で最も美しい鳥の1種と言われ、見た人は幸せになれるといわれるほど貴重な鳥だ。 手塚治虫の、火の鳥のモデルになったともいわれ、バードウォッチャーの憧れらしい。 コスタリカでは、モンテベルデなどで見れるようだが、かなり運が良くないと見れないらしい。 高額なツアー代を払って、見れなかったのではショックなので、どうにかして高確率で見れないか調べてみた。 まず、ケツァール見学は、...
コスタリカ

コスタリカ:見どころ少ないカルタゴ

サン・ホセからわずか20キロの距離に、コスタリカで3番目の町のカルタゴがある。 30分でアクセスできるため、訪れてみた。 カルタゴはコスタリカ最古の町で、かつては首都だったらしい。 カルタゴでの最大の見どころは、コスタリカの守護聖母の黒いマリアが祀ってあるロス・アンへレス大聖堂だ。 このビザンチン様式の大聖堂は、外観も美しいが、何と言っても黒いマリアが見れることが魅力的だった。 が、なんと現在は見学できないらしい…。 まあ、アクセスも楽だったので、別に構わないのだ...