ネパール

2004

ネパール:バクタプル&チャング・ナラヤン ~素朴な古都を満喫~

世界遺産にも登録されているチャング・ナラヤン寺院に行くべく、朝からバスを乗り継ぎ向かってみた。 チャング・ナラヤンへは、まずバクタプルへ向かった後、さらにバスを乗り換えアクセスすることができる。 チャングナラヤン寺院はカトマンドゥ盆地が見渡せる丘の上に建っており周りは小さな集落から成り立っている。 静かで素朴な田舎の雰囲気に溢れており、伝統的な生活を見ることができた。 寺院自体は予想よりだいぶ規模が小さかったが、天気もよくカトマンズ盆地も見渡せたので満足して、バクタプルに向かうことにする...
2004

ネパール:ダクシンカリ ~ヤギの生け贄~

カトマンズからバスで1時間半ほどの場所にダクシンカリというヒンドゥー教の女神カーリーを祭った寺院がある。 そこで、ヤギなどを週に2回生け贄に捧げるらしいということを聞き、見学をしにいくことにした。 ローカル・バスで向かったのだが、地元の人がヤギやら鶏やらを次々にバスに持ち込んできて、バスはすぐに超満員になってしまった。 動物の鳴き声でうるさいし、臭いし、さらには超満員できついバスの旅だ。 何でバスに動物を連れ込むのだろうと考えていると、どうやらそれらが生け贄だったらしい。 寺院に到着し...
2004

ネパール:パタン ~パタンとNGOと航空券の手配~

カトマンズからタクシーで20分ほどのところにあるパタンへ行ってみることにした。 パタンは、カトマンズ盆地で最も古い街であり、芸術の街として知られている。 伝統工芸を行っている様子や、寺院などを見てまわったのだが、カトマンズに比べると規模もだいぶ小さく、閑散とした雰囲気が否めない。 スワヤンブナートでの一件から、ネパールのどこを見ても面白く感じないという状況が続いており、早々にカトマンズに戻り、バンコク行きのチケットの手配をすることにした。 物価も安く、飯もうまいネパールだが楽しめなければ...
2004

ネパール:カトマンズ ~カトマンズの光と影~

カトマンズ初日、まずはダルバール広場へ向かうこととする。 カトマンズは驚くほど物価が安く、お湯シャワー共同のシングル・ルームで1泊150円ほどだ。 当然土産物も驚くほど安い。 ダルバール広場には多くの露店もあり、冷やかしながら歩いて周る。 ダルバール広場は、いかにも古都という雰囲気がある、心地の良いエリアだった。 ダルバール(王宮)広場。 最も印象に残ったシヴァ・パールヴァティー寺院。 ハヌマン・ドカ(旧王宮)。 寺院は市民の憩いの場らしい。 広場には多くの...
2004

ネパール:国境の町コダリからカトマンズへ

チベットにいるときから、マオイストの動きが活発になっており、国境が封鎖されるかもしれないとの噂を聞いており、心配していたが国境は無事通過することができた。 初の陸路国境越えである。 コダリの国境では、橋を境に国が別れるようなのだが、写真を撮っていたら怒られてしまた…。 国境のゲートでは、日本人はすんなり通過できたものの、現地の人は檻のような門の中に閉じ込められ厳重にチェックをされてからの通過となっており、日本という国籍でラッキーだったなと感じた。 ちょっとしたゲートを越えただけにも関わら...