2005

2005

シンガポール:マーライオンなどの観光地巡り

シンガポールの中心地に来ると、地震がないという地の利を活かし高層ビルが立ち並んでいた。 シンガポールの高層ビル群。 シンガポールの高層ビル群その2。 シンガポールの高層ビル群その3。 シンガポールの高層ビル群その4。 まずは、シンガポールの象徴ともいえるマーライオンを見に行くことにした。 世界三大どうでもいいものと呼ばれてるけれど、予想よりもすごかった。 というよりも、旅をしていると、しょぼいものは意外に多く、これよりひどいものはたくさんあるでしょといっ...
NO IMAGE 2005

シンガポール:国境越えでバスに置いていかれる

シンガポールへは、マラッカからの国際直行バスで行くことにした。 マレーシアのバスは、これまで乗ってきて全て快適で、信頼しきっていたのだが、最後の最後に足元をすくわれてしまった。 マラッカからシンガポール行きのバスもやはり快適で、何の問題もなくシンガポールとの国境のイミグレに到着した。 途中、サッカーの日本代表がはじめてのワールド・カップ出場を決めたジョホール・バルを経由しつつ、スタジアムが見えないかなと探したりもして、余裕だったのだが…。 シンガポールのイミグレでは、マレ...
2005

マレーシア:ゴーストタウンのようなマラッカ

バリからクアラルンプールにエアアジアで戻り、そのままマラッカへやってきた。 マラッカは、1400年にマラッカ王国が誕生し繁栄した後、およそ400年の間にポルトガル、オランダ、イギリスとヨーロッパの列強国に支配され、独特の文化を形成した古都である。 現在は世界遺産にも登録されており、マレーシア有数の観光地となっている。 マラッカでは、まず中心ともいえるオランダ広場へ向かった。 オランダ広場にあるのが、オランダ総督らが居住するために建てられた東南アジア最古のオランダ建築であるスタ...
2005

インドネシア:バリ ~ダイビング~

東南アジアでは、ダイビングライセンスが格安で取得できるということで、ネットで色々調べていたのだが、バリでは400ドル程度でアドバンスまで一気に取得できるということで、ダイビングライセンスを取ることにした。 バリは、大物の魚よりも、どちらかと言うと小さい魚が得意なんだとか。 よくわからないが、とにかくライセンスが欲しかったので、ネット経由で申し込みをした。 プール講習などは、何の問題もなく、すぐに終え、海での実試に。 ダイビングショップの計らいで、なるべく多くのポイントで潜らせても...
2005

インドネシア:バリ ~バリ最大の歓楽街クタ~

ダイビングをするために、ウブドからリゾート地区へ移動する必要があったのだが、その際、せっかくなのでバリ最大の歓楽街クタに泊まることにした。 勝手に、バンコクのカオサンをイメージしていたのだが、規模はだいぶ小さく、活気も少ない。 そして何より、嘘にまみれた町で、いまいちなのである。 嘘だらけを実感できる場所の一つが両替所である。 クタには、10軒以上の騙し両替所がある。 すこしレートがいい両替所はすべて、何か細工がされていると思って間違いない。 電卓がはじめから細工されていたり...
2005

インドネシア:バリ ~ブサキ寺院、キンタマーニ~

ウブドに泊まっている際、バイクを借りて、バリを巡ってみることにした。 免許がないのでだいぶ不安だったが、ジェットスクーターは原付のようなもので、簡単に操ることができるようだった。 念のため、警察に捕まったときのため、15ドルほどポケットにいれ、出発した。 バリでは、ぜひともバリ・ヒンドゥー教の総本山のブサキ寺院を訪れてみたかったので、向かってみた。 ブサキは、大小30もの寺院が集まってできている複合寺院で、とても見栄えがする。 ここは、残念ながら、外国人は立ち入ることはできない...
2005

インドネシア:バリ ~ソアロ・プルナモ(スアラ・プルナマ)~

満月の夜にだけ行われる舞踊であるソアロ・プルナモも見に行くことにした。 創作舞踊らしく、かなり変ってた舞踊だった。 ちゃんとした伝統芸能というよりコミカルな要素をたぶんに取り入れたもので、好き嫌いがはっきりとわかれそうな気がした。 個人的にはそれなりには楽しめたけれど。 創作ケチャ・ダンス。 主役のリノ氏の演技は圧巻。 炎をふんだんに使った演舞。 演出が派手で、おもしろい。 炎の中に飛び込んだりも。 クライマックス。