インド

インド・東南アジア周遊

インド:心休まるコルカタ(カルカッタ)

ガヤの駅長に頼んでおいたシートのキャンセル待ちのチケットは、なんとかシートを振り分けてもらうことができていた。 コルカタ行きの列車は、ガヤ始発ではないため、いつ来るのかがはっきりとわからない。 時間通りに来る可能性もあるし、2時間以上遅れる可能性もあるのだ。 インドの列車では、到着時間が数時間遅れることは当たり前に関わらず、停車駅のアナウンスがなく、さらに駅名が書かれた案内板も各駅に1つ程度しかない。 最初の頃は、降りる駅がわからないのではないかと非常に不安だったが、だいぶ慣れて...
インド・東南アジア周遊

インド:ブッダガヤと人間不信

数日間過ごしたカナダ人カップルとかヴァラナシでわかれ、ブッダガヤへ向かうことにした。 彼らはこれからデリーへ戻り、次はドバイへ向かうらしい。 ブッダガヤへは、最寄駅のガヤで列車を降り、そこからバスかオートリキシャで15キロほど移動することになる。 ヴァラナシからガヤへの列車のチケット、さらにガヤからコルカタヘの列車のチケットはあらかじめガヤのツーリスト専用チケット売り場で購入しておいた。 しかし、このチケット売り場の担当者がなかなかにどうしようもないやつで、またもインドの洗礼を受...
インド・東南アジア周遊

インド:ブッダの史跡サールナート

ヴァラナシからわずか10キロ足らずの場所に、釈迦が悟りを開いた後、初めて説法を説いたとされるサールナートがある。 仏教の四大聖地の一つで、鹿が多くいたことから鹿野苑とも呼ばれているらしい。 以前、手塚治虫のブッダで読んだ記憶があり、せっかくなので訪れてみた。 ダメーク・ストゥーパという立派なストゥーパが残っており、アショーカ王の石柱なども残っており、漫画の光景が蘇ってくる。 もちろんものすごい古い遺跡なので完全には残っていないが、訪れる価値はある遺跡の一つだと感じる。 ...
インド・東南アジア周遊

インド:聖地ヴァラナシ(ベナレス)

カジュラホからサトナーを経由し、ヴァラナシにやってきた。 結局、カジュラホに引き続き、ヴァラナシまでも、カナダ人カップルと一緒にやってきてしまった。 何かと面倒なインドでは、頼りがいのある彼らと移動するととても楽だし、何よりとても良い人たちで一緒にいて面白い。 見どころの多いインドでも最大のハイライトの一つのヴァラナシだが、他のインドの名所とはだいぶ雰囲気が異なっている。 ヒンドゥー教最大の聖地のためか、何か独特の雰囲気が漂っているような気がするのである。 とは言え、それは決し...
インド・東南アジア周遊

インド:インドの移動の洗礼とカジュラホ

インドでの次の目的地は、エロティック彫刻で有名なカジュラホだ。 カジュラホとは、芸術的価値の高い彫刻を伴うヒンドゥー教及びジャイナ教の寺院群で有名な地域で、ミトゥナ像(男女交合のエロティックな彫刻)を含む官能的なレリーフ群で広く知られている。 アーグラーからカジュラホへの移動は、まずアーグラーからジャンスィーまで鉄道で移動し、そこからはバス移動が一般的だ。 ジャンスィーからカジュラホへのバスは、14時頃が最終という情報を得ていたので早めに移動を開始していたのだが、列車が3時間ほど遅れ、...
インド・東南アジア周遊

インド:廃墟の都ファテープル・スィークリー

アーグラーからおよそ40キロ離れた場所にある世界遺産ファテープル・シークリーに行ってみることにした。 ファテープル・シークリーとは、ムガル帝国第3代皇帝アクバルによって建設された都市のことだ。 当時、跡継ぎに恵まれなかったアクバルが、この地に住むイスラム教の聖者サリーム・チシュティーの予言により、息子を授かり、それにあやかりその地に都市を建設し、アーグラーから遷都した。 しかし、慢性的な水不足と猛暑のため、わずか14年間しか使用されず廃墟となってしまったらしい。 また、ファテープル・...
インド・東南アジア周遊

インド:タージマハルとアーグラー城

ニューデリー駅からアーグラー・カント駅まで列車でやってきた。 結局、予定よりも2時間近く遅れての到着となった。 インドの列車では遅れることが当たり前と言うから、こんなものなのだろう。 アーグラーでは祭りに遭遇。 太鼓を鳴らし、町を歩く。 子どもたちが山車のようなものを作っていた。 祭りに参加していた子ども。 祭りに参加していた子どもその2。 祭りに参加していた子どもその3。 祭りに参加していた子どもその4。 祭りに参加していた子どもその5。...