インド その2

インド・東南アジア周遊

インド:インドの砂漠・ジャイプルへ

予定していたパキスタンに入国できなかったため、その代わりにジャイプルに行ってみることにした。 デリーから列車でおよそ7時間ほどでジャイプルに到着した。 ジャイプルも見所が郊外に点在しているため、アウランガバードと同様に、インド人用のツアーに参加することにした。 ジャイプルでは、RTDC(ラジャスターン州観光開発公団)が企画、催行しており、これらのツアーはなかなかにお得感がある。 ツアーでは、まずシティ・パレスを訪れた。 ここは1726年にマハラジャによって建てられた宮殿で、...
インド・東南アジア周遊

インド:シーク教徒の総本山アムリトサルの黄金寺院へ

日本では、インド人と言うと、頭にターバンを巻いた人を思い浮かべる人が多いが、彼らはシーク(スィク)教徒である。 インドとパキスタンの国境に面したアムリトサルには、シーク教徒の総本山黄金寺院がある。 当初、パキスタンにも入国する予定だったが、政情不安定であり、デリーでビザが発給されなかったため、アムリトサルのみ訪れてみることにした。 アムリトサルへは、デリーから列車でおよそ6時間で到着した。 すでに列車での移動にも慣れているため、ほとんど疲れを感じることもなくなった。 シーク...
インド・東南アジア周遊

インド:デリーの名所巡り

ボパールから列車に乗り、デリーに戻ってきた。 前回デリーに立ち寄った際には、名所の観光はまったく行わなかったため、今回観光をすることにした。 まず、ラール・キラー、通称レッド・フォートを訪れることにした。 ここは、ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが、アーグラーからデリーに遷都した際、中心的役割を担った砦らしい。 現在でもかなり大きな敷地を誇り、見所も多くあるのだが、現在残っているのは破壊されなかった宮殿のごく一部のみで、かつてはさらに大きな砦だったらしい。 タージ・マハル...
インド・東南アジア周遊

インド:人気の少ないサーンチー

アウランガバードからバスでジャルガオンに行き、ジャルガオンから列車でデリー方面へ向かいボパールで下車し、サーンチーを訪れることにした。 アウランガバードからジャルガオンまでは、昨日宿であった米田さんと同じ行程で、さらに途中で経由したアジャンターでは日本人らしき2人がバスに乗ってきた。 北インドではほとんど日本人に会わなかったのに、南でこうもたくさん会うとは驚きだ。 彼らとはその場では話す機会はなかったのだが、ジャルガオン駅の待合室で、ジャルガオンからの列車が偶然一緒だということが判...
インド・東南アジア周遊

インド:インドで一番のインパクトのアジャンター

エローラ観光に引き続き、MTDC(マハーラーシュトラ州観光開発公団)主催のインド人用観光バスに同乗し、アジャンターを訪れることにした。 アジャンターは壁画で有名なのだが、昔から壁画文化が発達していたインドでも、完成度が高いものが多く残っているのはアジャンターだけらしい。 他は、高温多湿な風土のために、ほぼ消えてしまったのだとか。 エローラの石窟に引き続き、壁画もあまり見たことがなかったため、どんなものだろうかと期待を膨らませているうちに、バスはアジャンターに到着した。 アジャ...
インド・東南アジア周遊

インド:アウランガバードとエローラ

ムンバイから夜行列車を利用し、アウランガバードへやってきた。 当初、ムンバイで1泊することも考えていたのだが、ムンバイの異常な物価高に宿泊を断念した。 ムンバイでは、100人ドミでも200ルピーするというから驚きである。 南インドの列車は、北インドと比べて遅れにくいと聞いていたが、アウランガバード到着はほぼ予定通りと、この旅ではじめて時間通りに到着することができた。 アウランガバードでは、郊外に見所が点在しているため、MTDC(マハーラーシュトラ州観光開発公団)主催のインド人...
インド・東南アジア周遊

インド:ムンバイ観光とエレファンタ島

C.S.T駅の荷物預かり所にバックパックを預け、インド門方面へ歩いて向かってみることにする。 C.S.T駅を一歩外に出ると、駅の外観に驚いた。 C.S.T駅は、チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅というのだが、ここは駅自体が旧ヴィクトリア・ターミナス駅という歴史的な建造物らしい。 後に世界遺産にも登録されたようだ。 荘厳な建造物チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅。 ムンバイは、デリーともコルカタともまったく異なり、インドにしては金持ちな雰囲気がただよっている。 ...