ミャンマー

インド・東南アジア周遊

ミャンマー:ミャンマーで最大の観光地チャイティーヨー

チャイティーヨーへは公共交通機関を利用する予定だったが、ちょうどバゴーでイタリア人夫婦がタクシーをチャーターする交渉をしており、シェアをすることにした。 キンプンにはタクシーでおよそ2時間で到着した。 そこからピックアップ・トラックに乗り換え40分ほど移動し、さらに歩きで1時間かけてようやくゴールデン・ロックがある頂上に到着した。 ゴールデン・ロックは予想通りすごかった。 岩と岩が点でしか接しておらず、押すとたしかに揺れるのである。 「どんなに押しても落ちないから、押してみろ」...
インド・東南アジア周遊

ミャンマー:田舎な雰囲気のバゴー

ヤンゴンからバスでおよそ2時間、バゴーへやってきた。 バゴー行きのバスは、ヤンゴン川沿いのバス乗り場から出ているのだが、地元の人に聞いても場所がわからない。 結局、タクシー運転手に確認するなど、だいぶ迷い、どうにかたどり着くことができた。 バゴーでは、宿にチェック・イン後、翌日のチャイティーヨー行きの交通手段を調べ、その後、街歩きをすることにした。 まずは、バゴーの象徴ともいうべき巨大な寝仏のシュエターリャウン寝仏やチャイプーン・パヤーを巡り、最後にバゴーの観光の目玉であるシ...
インド・東南アジア周遊

ミャンマー:ヤンゴン ~スーレー・パヤー、ボージョー・アウンサン・マーケット~

ヤンゴンの街は、スーレー・パヤーを中心に設計されているらしい。 スーレーとは「聖髪」を意味し、仏塔には仏陀の遺髪が納められているのだとか。 そんなに、すごいパゴダならば、是非行ってみたいということで、バガンから戻ってきた当日に行ってみることにした。 街の中心にあるだけに、規模はそれほど大きくはないのだが、家族連れなどがひっきりなしに訪れており、仏教が生活と一体化していることを改めて感じることができた。 ただ、ここは、真剣にお祈りしている人が多く、シュエダゴン・パヤーのようにまるで公園...
インド・東南アジア周遊

ミャンマー:珍風景のポッパ山

バガン周辺の観光地で、ポッパ山が気になっていたところ、宿のおばちゃんから 「タクシーを30ドルでアレンジしてあげるから、行ってみないか」 と声をかけられ、行ってみることにした。 片道およそ2時間で、ポッパ山の麓にあるタウン・カラッに到着した。 ポッパ山に行く途中、農村で休憩。 昔ながらの作業方法。 岩の上に寺院が建っている様子は、なかなかに素晴らしく、珍しい景色だった。 参道から頂上までは20分ほどの登り道だったが、土産物屋や参拝者などを見つつ歩き、さほど苦にはなら...
インド・東南アジア周遊

ミャンマー:大遺跡群のバガン

ミャンマーを訪れた最大の目的のバガンへ行くことにした。 バガンとは、カンボジアのアンコール・ワット、インドネシアのボロブドゥールとともに、世界三大仏教遺跡の一つとされている遺跡だ。 バガンでは、大小さまざまな仏塔が広大なエリアに点在しており、その数は3000とも言われているらしい。 ただ、なぜかはわからないが、アンコール・ワットとボロブドゥールは世界遺産に登録されているのだが、バガンは登録されていないようだ。 バガンへは、ヤンゴンのバスターミナルを15時に発ち、翌朝6時頃バガンの玄関...
インド・東南アジア周遊

ミャンマー:ヤンゴン ~シュエダゴォン・パヤー~

2500年もの歴史を持ち、ミャンマー最大の聖地とも言われるシュエダゴォン・パヤーに最初に行ってみることにした。 いきなりハイライトを見てしまうと、他で感動できなくなってしまう気がするが、何はともあれ見てみたくなったのだ。 シュエダゴォン・パヤーはダウンタウンから車で15分ほどの場所にある。 まず、参堂の門構えからしてすごいのだが、実際に中に入ってみて、迫力に圧倒されてしまった。 今まで数多くの寺院を見てきたが、ここまで多くのパゴダが林立している寺院は初めてであり、またそのどれもが...
NO IMAGE インド・東南アジア周遊

ミャンマー:タイ経由ミャンマーへ

ビエンチャンから夜行バスでバンコクに入り、カオサンで疲れを癒したあと、ミャンマーのヤンゴンへやってきた。 ミャンマーへは空路でしか入国できないため、今回ミャンマー航空のインド行きの航空券のストップオーバーで入国することにした。 ミャンマー航空でバンコクからヤンゴンに飛び、夜8時に現地へ到着した。 夜着なので一抹の不安はあったが、ミャンマーは人が良いと評判であり、またガイドブックにもトラブル事例などほとんど記載されておらず、さほど心配していなかった。 しかし、空港からはタクシーで市内へ...