タイ その2

2005

タイ:大都市ハジャイ

ピピから一気に、マレーシアのペナンに行くには少し距離が長すぎるため、ハジャイ(ハート・ヤイ)で1泊することにした。 ハジャイは、あまり知られていない都市だが、タイ南部最大の街である。 ハジャイには、タイ国内からや、近隣のマレーシアからの観光客が多く、特に、マレーシア人向けに、中華料理やイスラム・フードの店が多い。 この街はただの経由地でやることがないなと思っていたのだが、偶然宿で、マレーシア人とオーストラリア人に出会い、夕飯を食べるなどし、暇を持て余すことなく、過ごすことができ...
2005

タイ:楽園ピピ島

映画ザ・ビーチのロケ地に使用され、映画を見たときから、その美しさに釘付けになり、ずっと憧れていたピピ島(ピーピー島)にやってきた。 ピピ島は、ゲストハウスやダイビングショップなどが集まっているピピ・ドン島と、ザ・ビーチのロケが行われた無人島であるピピ・レ島からなっている。 プーケットからピピ・ドン島へは、ボートでおよそ2時間で訪れることができる。 通常のボートは、トンサイ湾に到着し、ホテルなどを予約してない場合、港にある案内所で尋ねることになる。 島が小さく、また人気も高いことか...
2005

タイ:一気に南下し、プーケットへ

チェンマイやメーホンソンなどタイ北部を巡ったあとは、一気に南下して、ビーチ巡りをすることにした。 まず、メーホンソンからバンコクまで夜行バスでおよそ14時間かけ移動し、さらにバンコクからは、ツーリスト専用夜行バスで、プーケットまで移動した。 タイのバスは、ゆったりしており、さほど苦痛ではなかったが、冷暖房の調節が極端なのは少し辛かった。 プーケットでは、プーケット・タウンの安安旅社(オンオン)に泊まることにした。 ビーチ周辺は高めの宿しかないということもあったが、ここはザ・ビーチ...
2005

タイ:首長族を見にメーホンソンへ

最近見かけることはないが、以前よくテレビに出ていた首長族をメーホンソンで見ることができるという情報を得たため、見に行くことにした。 メーホンソンへは、チェンマイからバスでおよそ8時間、途中で、パーイを経由し、山間部を走りながらの道のりだった。 パーイは、近年バックパッカーに大人気らしく、途中下車しようか悩んだが、今回は直接メーホンソンまで行ってしまうことにした。 例年にない大雨でがけ崩れが頻発しているのだとか。 メーホンソンは予想以上にこじんまりとした町で、さらにちょうど雨季に訪...
2005

タイ:ゴールデントライアングル・ツアー

ゴールデントライアングルを自分で巡ろうかと考えていたのだが、チェンマイから1日で巡れるツアーが出ているということで、参加することにした。 ツアーでは、まず1時間ほど車に乗り、メーカチャン温泉へ向かった。 ここでは、温泉散策兼トイレ休憩のような感じで、すぐにチェンセンへ向かった。 チェンセンでは、ワット・チェディ・ルアンを見学した。 ここは、意外にも大きな仏塔こそあったものの、他の地域の寺院と比べて秀でたものは見当たらず、さほど印象に残らなかった。 ワット・チェディ・ルアン。...
2005

タイ:チェンマイ周辺トレッキング・ツアー

チェンマイでは、トレッキングが大人気ということで、日帰りのトレッキング・ツアーに参加してみることにした。 このツアーでは、朝8時頃にホテルまでピックアップに来てくれ、およそ1時間半車で移動し、トレッキングを開始した。 トレッキングと言いつつ、散歩+αくらいの簡単なもので、およそ1時間歩いて、メオ族の村に到着した。 散歩+αと言っても、行くまでにつり橋を渡ったり、急坂を登るなどのそれらしい道のりだったのだが、途中で、かなり年配の少数民族のおばあちゃんにいとも簡単に追い抜かれたのは、少...
2005

タイ:古都チェンマイ

ホーチミンからバンコクまで飛行機で移動し、ドンムアン空港からそのまま北バスターミナルへ行き、チェンマイへ向かうことにした。 タイのバスは、快適なだけでなく、特に大きな都市間は頻発しているのも魅力である。 突然思い立っても、バスターミナルにさえ行けば移動できるのである。 今回、ベトナムからの飛行機に引き続き、長時間の夜行バスだったので、奮発してVIPバスに乗ることにした。 3列シートのバスだったのだが、日本の3列シートに比べ、座席間がゆったりしている。 ベトナムのバスがかなり狭く...