ヨーロッパ

ヨーロッパ

ロシア:モスクワ ~シェレメチェヴォ空港へ~

08~09地球の歩き方"ロシア版"では、モスクワでは空港までのアクセスが困難との情報が記載されており、旅行会社でも送迎を頼むよう推奨されたので、どれほど大変なのかと思いきや、現在、ロシアの移動手段は格段に進歩しており、困難は感じなかった。 現在、モスクワでは、ベラルースカヤ(ベラルーシ駅)を基点にアエロ・エクスプレスという、日本の成田エクスプレスのような列車が開通しており、料金はやや高めなのだが、スムーズかつ安全に空港にアクセスできるようになっている。 社内は広々としており、清潔で快適そ...
ヨーロッパ

ロシア:セルギエフ・ポサード

モスクワから日帰りで訪れることができる黄金の環セルギエフ・ポサードに訪れることにした。 黄金の環とは、ロシア史、ロシア正教会における精神文化、芸術、建築などにおける源流が形成された地域として重要視されるモスクワ北東近郊にある都市群のことを指す。 残念ながら、自由旅行が難しいロシアではこれらの都市すべてに訪れるには、高額なツアーに参加するのが一般的だ。 今回ロシアに訪れてみて、英語しか話せなくともさほど苦労は感じなかったし、観光資源は魅力に溢れたものばかりだったので、バウチャーなどの複雑...
ヨーロッパ

ロシア:モスクワ ~市内観光~

モスクワでは、クレムリンや赤の広場だけでなく、町中を歩いていても見所が点在している。 モスクワの地下鉄は、装飾がとても美しく、駅がまるで美術館のようであった。 特に、マヤコフスカヤの地下鉄駅は、一部分だけでなく駅の構成そのものが大理石でできており、とても駅とは思えない見栄えだった。 一方、どの駅も地上からかなり深くにあり、上り下りのエスカレーターだけで何分も時間を費やさねばならない。 これらの作りは、観光客にはさほど影響はないかもしれないが、日常使っている人にはとても不便だろうと感じ...
ヨーロッパ

ロシア:モスクワ ~コローメンスコエ~

モスクワ観光で少し時間が余ったので、当初予定していなかった史跡公園コローメンスコエに行ってみることにした。 ここは単なる公園かと思いきや、敷地内には、カザン聖母教会、ヴォズネセニエ教会、スィートヌィ・ドヴォールなどがあり、世界遺産にも登録されている。 そのいずれもが公園内にあるとは思えないほど立派なもので、信仰に訪れている人も多く、驚いてしまった。 カザン聖母教会。 スィートヌィ・ドヴォール。 ヴォズデセニエ教会。
ヨーロッパ

ロシア:モスクワ ~ノヴォテビチ修道院~

500年の歴史を誇る大修道院・ノヴォテビチ修道院を訪れた。 ここは世界遺産にも登録されているが、クレムリンや赤の広場ほど観光客が多いわけではなく、ゆったりとした空気が流れていた。 この修道院では、スモレンスキー聖堂を中心に、鐘楼やウスペンスカヤ教会などいくつかの建造物からなっている。 内部には博物館やみやげ物店もあり、時間をかけて見学をできる。 また、城壁のすぐそばには大きな湖と公園があり、市民の憩いの場となっていた。 湖越しに見るノヴォテビチ修道院全景もまた素晴らしかったのだ...
ヨーロッパ

ロシア:モスクワ ~ボリショイ・サーカスとモスクワ大学~

ロシアといったらサーカス、さらにその中でもボリショイ・サーカスが最高峰とのことでぜひとも見に行きたいと計画していた。 日本出国前に、ネットでチケットを購入できないか見ていたのだが、残念ながらロシア語のサイトしかなく、さらにクレジット・カードでの購入も不可能なようだったので直接窓口で買うことにした。 チケットが売切れてしまわないか不安だったのだが、会場はとても大きく、毎日のように公演を行っているため、売り切れることは少ないようだ。 当日の午前中に買いにいったのだが、問題なく購入することができ...
ヨーロッパ

ロシア:モスクワ ~救世主キリスト聖堂~

救世主キリスト聖堂は、全世界にある正教会の大聖堂で最も高い103メートルの偉容を誇る大聖堂である。 無神論を標榜するソ連において、1931年にスターリンの命令によって爆破されたが、2000年に再建されたらしい。 この聖堂は外観も非常に目立ち素晴らしいのだが、聖堂内部の装飾がまた素晴らしかった。 とにかく、ロシアの次から次へと現れる美しい教会や聖堂には驚かされるばかりである。 青空に映える救世主キリスト聖堂。 救世主キリスト聖堂正面。 撮影禁止だが、内部も圧巻。