アルゼンチン その3

南米

アルゼンチン:ウシュアイア ~南極クルーズ情報集め~

ウシュアイアに午前9時頃到着し、即、上野山荘に移動した。 管理人をしている夫婦と、情報ノートで、相場やおすすめの旅行会社の情報を集め、早速、旅行会社に行ってみることにした。 どうやら近々出る予定の南極クルーズは以下の3つのようだ 1. カナダ船籍12日クルーズ 11月30日発 3600USドル 2. チリ船籍11日クルーズ 12月1日発 3990USドル 3. ロシア船籍11日クルーズ 12月6日発 3600USドル 情報ノートによると、船籍によってクルーズの良し悪し...
南米

アルゼンチン:ウシュアイア ~世界最南端の町&上野山荘~

ブエノスアイレスから3500キロ、南極からわずか1000キロという世界最南端の町ウシュアイアへやってきた。 ブエノスアイレス4時半発というかなり厳しめの時間帯の飛行機で飛び立ち、9時にウシュアイアに到着した。 昨日は空港で時間をつぶして過ごしたため、眠い、そして寒い。 今回の旅で空港で夜を明かすのはもう何回目だろうか。 ウシュアイア空港。 空港はとても簡素。 とりあえず、世界最南端の日本人宿としてテレビにも何度か取り上げられている上野山荘へ行くことにした。 空港から...
南米

アルゼンチン:ブエノスアイレス ~アルゼンチン牛のしゃぶしゃぶ食べ放題~

ブエノスアイレスでは、アルゼンチン牛のしゃぶしゃぶやすき焼きを食べることができるという情報を聞いていた。 さらに、土日は食べ放題ということで、訪れてみた。 レストランの名前は「日本橋」、内装も純日本料理店といった雰囲気で高級感に溢れていた。 ここには、かつてボカに所属していた時に高原が訪れていたり、キャンプに来ていたマリノスの川口や井原も来たことがあるらしい。 日本橋。 2008年版ガイドブックでは、しゃぶしゃぶ食べ放題が54ペソと記載されているが、2011年11月現在では...
南米

アルゼンチン:ブエノスアイレス ~アルゼンチン料理~

ウルグアイも含めてなのだが、ガイドブックにも紹介されているこの地域伝統的な肉料理3つを食べることができた。 まずは、アサード。 これは、骨付き牛あばら肉のグリルなのだが、ジューシーでおいしい。 外国の肉は、パサついているイメージがあったが、まったく。 日本以上に脂が多く、ちょっとしつこいと感じるくらい。 個人的には、ブラジルのシュラスコよりも気に入った。 アサード。 肉は豪快に焼き上げる。 次は、パリジャーダだ。 これは肉の塩焼き盛り合わせらしい。 牛、豚...
南米

アルゼンチン:ブエノスアイレス ~エスキーナ・カルロス・ガルデル~

アルゼンチンと言えば、タンゴということで、数あるタンゲリーアの中でも最も有名なエスキーナ・カルロス・ガルデルへ行ってみることにした。 エスキーナ・カルロス・ガルデルは、タンゴの神様とも言われるカルロス・ガルデルが働いていた市場の前に作られたタンゲリーアらしい。 昨日は、伝統的なタンゴだけでなく、その他のショーも含まれたラ・ベンタナを見に行ったが、今回は純粋に伝統的なタンゴのみが踊られるのだとか。 正直なところ、昨日のラ・ベンタナがいまいちだったこともあり、あまり期待していなかっ...
南米

アルゼンチン:ブエノスアイレス ~ラ・ベンタナ~

ウシュアイア行きの航空券の値段設定の関係で、ブエノスアイレスではやることが全くなく、タンゴ情報案内所や旅行会社おすすめのラ・ベンタナを見に行くことにした。 ラ・ベンタナ。 ここは、エスキーナ・カルロス・ガルデルのように、伝統的なタンゴを見せるだけではなく、フォルクローレやエビータをモチーフにしたショーなども併せて見れるタンゲリーアだ。 値段は、300ペソ(5400円くらい)と、エスキーナ・カルロス・ガルデルに比べると少し安めな設定だった。 とは言え、いずれにしろ高い。 ガイ...
南米

アルゼンチン:ブエノスアイレス ~ボカ地区~

ブエノスアイレス切っての観光名所であるボカ地区のカミニートを訪れることにした。 正直なところ、ただカラフルな建物がいくつかあるだけなのかと、あまり期待していなかったのだが、活気もあり、予想以上に楽しむことができた。 多くの土産物屋もあり、もちろん中心部の土産屋は高いのだけれど、少し外れると安価に購入もできた。 少なくとも、セントロ中心部の法外な値段の土産物屋に比べると、だいぶ安く買えたので満足だ。 カラフルな建物が多いカミニート。 でも、実はほんの一角だけ。 これ...