ブラジル その3

南米

ブラジル:フォス・ド・イグアス ~豪雨の中で到着~

ボニートを14時半発のドラドス行きのバスに乗り、ドラドスへ移動した。 またも、路線バスと長距離バスの中間のようなバスで、今回は35度近く気温があるのも関わらず、エアコンが壊れている。 頻繁な乗り降りでかなり時間がかかり、ドラドスには21時になりようやく到着した。 ブラジルのバスは、きれいなバスばかり乗っていたため、こんなに疲れたのははじめてだ。 ドラドスのバスターミナルで時間を潰し、23時40分発のバスで、フォス・ド・イグアスに移動してきた。 車内には、赤ん坊というほどでも...
南米

ブラジル:ボニート ~それなりの青の洞窟~

ボニートで一番有名な観光地ともいえる青の洞窟にも訪れることにした。 事前の情報で、さほどたいしたことがないという話も聞いており、悩んだのだが、半日で参加できるし、一応参加することにした。 ここはとにかく観光客が多かった。 いくつかのグループに別れ、ガイドに先導されて洞窟を観光するのだが、大して距離もないのに、時間ばかりかかる。 説明がだらだらと長く、さらに他のグループの人が見終えるまで待たねばならず、待ち時間ばかりでイライラしてしまった。 個人的には、洞窟の説明だったり...
南米

ブラジル:ボニート ~予想以上の水の景勝地プラタ川~

サンパウロから、カンポグランジへおよそ15時間の夜行バスで移動した。 カンポグランジのバスターミナルには、ボニートのユースホステルの窓口があるということで、早速予約をし、バスターミナルでインターネットをして、ボニート行きのバスを待つ。 バスターミナルで無料でインターネットができるというのは、ブラジルでは滅多になく、さすが新バスターミナルと感激してしまった。 カンポグランジの新バスターミナル。 ボニートのホステルの予約もできる。 およそ1時間半の待ちを挟み、ボニートへの移...
南米

ブラジル:日本移民の上陸地サントス

日本移民上陸の地サントスに訪れてみたく、サンパウロから日帰りで行ってみることにした。 サッカー好きな人ならサントスでピンとくるかもしれないが、ここは三浦カズがかつて所属していたサッカー・チームがある。 残念ながら、カズはスーパースターではなく、活躍はしていたもののスーパーサブ的な役割だったらしく、現在覚えている人はほぼいないらしい。 ブラジル人が知っている日本のサッカー選手は、中田と本田が多いようだった。 サンパウロのジャバクアラ・バスターミナルからサントス行きのバスは頻発してい...
南米

ブラジル:サンパウロ ~セントロなど巡り~

サンパウロでは、いくつか訪れようと決めていた場所があった。 まず一つ目は、移民博物館だ。 ここは、各国からやってきた移民が一時収容されていた施設らしい。 日本からの移民も、サントスから列車で連れてこられ、一時滞在していたのだとか。 現在は博物館として展示されているとのことで、期待して訪れたのだが、なんと工事中で立ち入り禁止だった。 残念すぎる…。 しかし、移民博物館は、メトロのブリュッセル駅から歩けるのだが、今は博物館が工事中のためか、なんと路上生活者の多いことか。 とてもカメ...
南米

ブラジル:サンパウロ ~日本食レストラン評価~

サンパウロでは、質の高い日本食が食べられるということで、普段のケチケチした生活を一切やめ、日本食を食べ歩いた。 滞在日数に比べ、食事の回数が異常に多くなってしまった。 せっかくだいぶ痩せてきたのに、サンパウロで一気にリバウンド・・・。 以下、独断と偏見での評価。 【ラーメン和】 サンパウロで1番最初に訪れたのが、ラーメン和。 ネットでも、 「日本以上においしいラーメンが食べられる」 と絶賛している記事も多く、期待して訪れた。 値段はとても高いが、確かにとても...
南米

ブラジル:サンパウロ ~東洋人街(リベルタージ)~

海外で日本人街として機能しているのは、ロサンゼルスのリトル・トーキョーとサンパウロのリベルタージだけらしい。 サンパウロに着いてすぐ、早速リベルタージを歩いてみた。 日本文化に飢えていたので、見るもの全てが新鮮に感じる。 リベルタージの大きな見どころの大阪橋にかかる鳥居など、日本から直接訪れたら何も感じないかもしれないが、やや感動してしまった。 大阪橋にかかる鳥居。 お寺もある。 日本庭園まで。 大阪橋からの眺め。 辺りには、日本食のレストランがたくさ...