ブラジル その3

南米

ブラジル:親切か裏があるのかの葛藤のオイアポケ

カイエンヌから、スリナム側ブラジルとの国境のサンジョルジュ行きの乗り合いタクシーへ向かった。 この乗り合いタクシーだが、発展途上国ではよくあるシステムだが、とても非効率。 今回も9時半から待ち、結局タクシーに人が集まったのは12時。 その間、観光もできず、ただ待つだけである。 この乗り合いタクシーで一緒になったアレッサンドラというブラジル女性だが、とても親切にしてくれた。 今日中に、マカパへ行くと伝えると、 「自分も一緒だから、連れて行く」 というようなことを言っている。 ...
タイトルとURLをコピーしました