ペルーその2

南米その2

ペルー:トルヒーヨ ~チャンチャン遺跡・ツアー~

トルヒーヨでの午後は、引き続き、市内の北を巡るツアーに参加することにした。 まずは、ドラゴンのワカを訪れた。 ドラゴンのワカ。 ドラゴンっぽいレリーフ。 ただ、これが作られた時にドラゴンの伝説はなく、ドラゴンではないらしい。 ドラゴンのワカから町の展望。 ドラゴンのワカの屋上。 月のワカに比べると、興味が湧かない…。 ドラゴンのレリーフ。 同じレリーフが繰り返されている。 ここは、何に利用されていたかは未だにわからない場所らしく、地元の...
南米その2

ペルー:トルヒーヨ ~太陽のワカ、月のワカ・ツアー~

リマから夜行バスでトルヒーヨにやって来た。 今回、テプサというバス会社を利用したのだが、今まで乗ったバスで圧倒的に1番すごく驚いてしまった。 というのも、前の座席との間隔がとても広いのである。 快適で快適で…。 飛行機のビジネス・クラスのようだった。 TEPSAのバス。 前との間隔が広々。快適すぎる。 トルヒーヨには早朝に到着した。 まずは、エクアドルのグアヤキル行きのバス探しである。 直行バスも、クルズ・デル・スル社が隔日、オルメーニョ社が毎日、出している...
南米その2

ペルー:リマ ~サン・クリストバルの丘~

リマを見下ろせるサン・クリストバルの丘に行ってみることにした。 丘の周辺は治安がとても悪いらしい。 現に、チリのサンティアゴで会ったケント君もここでデジカメや財布を強盗に奪われたらしい。 しかも、彼は、翌日にもリベンジしに行って、また強盗にお金を奪われたのだとか…。 まあ、リベンジしに行くというのはどうかと思うけれど、ほぼ確実に強盗に遭うくらいの治安らしい。 ただ、旧市街のアルマス広場周辺では、丘の上へ行く観光バスが客引きしており、それに乗れば、安全に安くアクセスするこ...
南米その2

ペルー:リマ ~平和そうだけど退屈なミラフローレス~

旧市街だけで、リマには十分に満足できていたのだが、せっかくなのでミラフローレス地区にも行ってみることにした。 ミラフローレスでは、海岸沿いにあるレストランやショップが集まったラルコ・マルや恋人たちの公園を訪れた。 ミラフローレス地区。 ラルコ・マル。 高級店が集まる。 ペルーじゃないみたいだ。 周囲にはビーチも広がる。 旧市街とはだいぶ雰囲気が違う。 恋人達の公園。 町の様子。 中央公園前の教会。 ミラフローレスにも古めの教会があ...
南米その2

ペルー:リマ ~そんなに危険に感じない旧市街~

ナスカからリマへ移動してきた。 リマの治安の悪さは、他の旅行者からも多く聞いており、会った人だけでも2人が強盗にあっていたし、タクシー強盗も頻発していると聞いていた。 特に、旧市街の治安が悪いということで、多くの旅行者はミラフローレスに泊まっているとのことだった。 しかし、今回、あえて旧市街に泊まることにした。 というのも、今回、リマで一番やりたいことは荷物を日本に送ることで、中央郵便局が旧市街にあるためだ。 なんだかんだと旧市街にも安宿はいくつもあり、それもミラフ...
南米その2

ペルー:ナスカ ~墓地跡(チャウチージャ)・ツアー~

地上絵は朝一で見れたため、ナスカでとても時間が余ってしまった。 カルロス曰く、ナスカ時代の祭礼センター跡のカワチ遺跡が最大の見どころらしいのだが、アクセスには未舗装道路を行かねばならず、さらに遺跡のピラミッド自体は、外側から眺めるしかできないらしい。 ピラミッドは、今後、中米で多く見る予定だし、なんとなく興味が湧かなかったため、チャウチージャと呼ばれているナスカ時代の墓地跡に行くことにした。 チャウチージャでは、多くの墓地が盗掘目当てで掘り返されており、あちらこちらに骨が転がっ...
南米その2

ペルー:ナスカ ~想像以上の地上絵と飛行機酔い~

アレキパからナスカへ夜行バスで移動してきた。 ペルーは、アルゼンチンやチリのように大きくないため、必然的にバスに乗っている時間が短くなり、夜行バスだと出発がかなり遅いか、到着時刻が早朝になってしまうのが問題だ。 今回は、21時半発、7時着のバスを利用した。 アレキパにプーノからやって来た際には、テルミナル・テレストレというターミナルを利用したのだが、ごみごみしており、夜に利用するのは嫌だなと思っていたところ、今回利用したターミナルは、テラプエルトというターミナルで、あまりの違い...