南米その2

南米その2

エクアドル:ガラパゴス諸島 ~サンタ・クルス島~

クルーズ4日目は、昨日のフロレアナ島の件で、船のオーナーと話すことになっており、早朝6時から全員でオーナーと話し合いの場が持たれた。 と言いつつ、肝心のオーナーが到着したのは、6時半とさすがの南米時間である。 オーナーは想像以上に協力的で、お金の払い戻しもされることになった。 ただ、お金は手持ちがないということで、午前のアクティビティの終了後に支払われることになった。 個人的には泣き寝入りすることになるのではないかと思っていたので、予想外の反応だった。 さらに、皆でゴネたところ...
南米その2

エクアドル:ガラパゴス諸島 ~フロレアナ島~

3日目は、フロレアナ島を訪れる日だ。 午前中は、ポスト・オフィス湾を訪れた。 まず、ポスト・オフィス湾の奥にある洞窟を訪れた。 わざわざ、ヘッド・ランプまで用意させられ、訪れたのだが、別になんてことないただの洞窟でまったく面白くなかった。 その後、同じ国で、近くに住んでいる人のポスト・カードを見つけたら、持ってかえって、届けてあげるという不思議な制度のポストに立ち寄った後、ビーチでシュノーケリングとなった。 ただ、透明度はとても低く、魚も少なく、皆即引き上げていた。 ...
南米その2

エクアドル:ガラパゴス諸島 ~エスパニョーラ島~

クルーズ2日目は、エスパニョーラ島を訪れた。 午前中は、プンタ・スアレズでおよそ3時間の島歩きだ。 今日からガイドが変わったのだが、ガイドの雰囲気がいまいちだ。 決してひどすぎるわけではないが、説明も雑だし、ツアーの雰囲気を悪くしている…。 気を取り直し、島散策を開始する。 島に上陸する前から、大量のアザラシが見えていたけれど、たしかにアザラシだらけだ。 そして、ウミ・イグアナの数も多い。 その他、鳥なども多くいた。 ガイド曰く、島により、同じウミ・イグア...
南米その2

エクアドル:ガラパゴス諸島 ~サン・クリストバル島~

グアヤキル空港から、ガラパゴス航空に乗り、サン・クリストバル島に訪れた。 グアヤキルの空港だが、Wifiも完備だし、空港内もとてもきれいだ。 一方で、人間が行う作業の効率がひどい。 ガラパゴス行きのチェックインでも、横で行われていたキト行きのチェックインでも、1人当たりで5分以上かかっている。 わずか20人待ちの状況だったにも関わらず、1時間以上も待たされた。 そんなこんなで、国内線は全て駄々遅れで、30分の遅れは普通のようだった。 特にエクアドルでは同様の状...
南米その2

エクアドル:暇なので訪れたクエンカ

ガラパゴス・ツアーの開始まで時間があったので、世界遺産にも登録されているクエンカにも訪れてみた。 クエンカへは、バスが頻発されており、グアヤキルから4時間でアクセスすることが出来る。 クエンカは、エクアドル弟3の都市らしいのだが、のどかな雰囲気の漂っている町だった。 見どころも正直さほどなく、3時間もあれば観光が終わってしまうような町だったが、久々に蒸し暑さを感じず、快適に過ごすことが出来た。 カテドラル。 木に隠れてしまい、良いアングルが見つからない。 別ア...
南米その2

エクアドル:グアヤキル ~イグアナ凄すぎな市内観光~

ガラパゴスのツアーの申し込みも終えたので、グアヤキル市内を観光することにした。 グアヤキルの最大の見どころは、セミナリオ公園、通称イグアナ公園である。 カテドラルの目の前にあるこの公園には、多くのリクイグアナが餌付けされている。 その数がまたものすごく、そこら辺中イグアナだらけなのである。 さらに、餌付けされているものなので、 「触るな」 など、うるさいことも言われず、自由に触ったりも出来る。 想像以上におもしろく、2時間以上も滞在してしまった。 カテドラル。 ...
南米その2

エクアドル:グアヤキル ~ガラパゴス・ツアー探し~

トルヒーヨから、トゥンベスへ夜行バスへ移動し、ウアキージャスを経由し、グアヤキルまで一気に移動してきた。 この路線は、クルズ・デル・スル社が隔日、オルメーニョ社が毎日、直行バスを出しているのだが、値段がそれぞれ200ソル、70ドル(6000円弱)と異常に高い。 一方で、自分で刻んでいけば、2000円も出さずに移動することが出来るのだ。 まず、トルヒーヨからトゥンベスへは、21時発のバスに乗り、およそ12時間、9時過ぎに到着した。 砂漠地帯から、徐々に熱帯系の緑が青々と茂った地帯に...
タイトルとURLをコピーしました