世界旅行記

中米

グアテマラ:グアテマラ・シティ経由でケツァルテナンゴ(シェラ)に到着

サン・サルバドルを早朝6時出発のTICAバスに乗り込み、グアテマラ・シティに向かった。 予定では、11時から12時の間にグアテマラ・シティに到着するとのことだったが、今までの経験上大幅に遅れるのかなと危惧していた。 今回は、同日にグアテマラ・シティからグアテマラ弟2の都市のケツァルテナンゴ、通称シェラに行ってしまいたかったため、できるだけ早くグアテマラ・シティに到着したかった。 グアテマラ・シティからケツァルテナンゴへは、チキンバスか1等バスを利用し、向かうことができる。 ...
中米

エルサルバドル:エルサル唯一の世界遺産ホヤ・デ・セレン

サン・サルバドルの西バスターミナルから、オピコ行きのバスに乗り、エルサルバドル唯一の世界遺産のホヤ・デ・セレンへ訪れることにした。 バスは、およそ1時間でホヤ・デ・セレンに到着した。   オピコ行きのバス。頻発。 エルサルバドルの人は、今まで訪れた国の中でも、屈指の親切さで、皆でホヤ・デ・セレンの場所を教えてくれた。 また、西バスターミナルに訪れる際にも道を尋ねたのだが、なんとわざわざ連れて行ってくれた。 治安の悪い地域と思っていただけに、ギャップで尚のことうれしく感じる。 ...
中米

エルサルバドル:四重苦の体調不良でサン・サルバドル巡り

コパン・ルイナスからシャトルバスを利用し、グアテマラ経由でサンサルバドルへやってきた。 当初、自力でグアテマラ・シティまで行き、そこからサンサルバドルへTICAバスなどを利用して来ようかと思ったのだが、丸々一日潰れてしまうので、13時発の19時頃到着のシャトルバスを利用することにした。 シャトルバスは、乗客は3人だけとほぼ貸切タクシーのような状態で、国境もすんなり通過し、楽にサンサルバドルへ移動してくることができた。 が、事前にも聞いていたものの、シャトルバスとは言いつつ、好き...
ホンジュラス

ホンジュラス:コパン・ルイナス ~ケツァールに感化され、バード・パークへ~

コパン遺跡へ行く途中に、Macau Mountain Bird Park(マカオ山鳥園)という看板を見つけ、ケツァールを見て以来、鳥が写真として素晴らしい被写体になると感化されてしまっため、訪れてみることにした。 園内は、まず檻に入った鳥たちを見て回れるようになっており、最後に鳥に触れつつ、一緒に写真を撮れるようになっていた。 ちなみに、一緒に写真を撮ることができるのは、コンゴウインコやサンショクキムネオオハシで、檻に入っていない状態で見ることができるのも、また素晴らしかった。 他...
ホンジュラス

ホンジュラス:コパン・ルイナス ~格安だが、大後悔の乗馬ツアー~

コパン遺跡の見学後、時間が余ってしまい、どうしようか考えていたところ、3時間の乗馬ツアーに15ドルで参加できるという。 これは格安ということで参加することにした。 内容は、特に説明もなく馬に乗り、川沿いを歩くというものだった。 指導なしで、いきなりの駆け足や早足と、ちょっとやりすぎ感のある内容だった。 個人的には、少し乗馬経験があったのでマシだったが、全くの未経験だったらどうしたのだろうか。 日本では高価な乗馬を長時間、さらに格安でできたので大満足と言いたいところだ...
ホンジュラス

ホンジュラス:コパン・ルイナス ~初のマヤ遺跡見学のコパン遺跡~

コパン・ルイナスへ、サン・ペドロ・スーラを経由し、移動してきた。 Hedman Alasは、値段こそ高いものの、快適だった。 荷物などの管理もまるで空港での扱いのようで、乗り換えの時などは勝手に行ってくれる。 時間にも正確で、遅れることなく、コパン・ルイナスへ到着した。 テグシガルパのHedman Alasターミナル。 サン・ペドロ・スーラのHedman Alasターミナル。   Hedman Alasのバス。 コパン・ルイナスの広場。   広場に面した教...
NO IMAGE ホンジュラス

ホンジュラス:世界の治安状況 ~世界で最も暴力的な50都市~

中米で、ニカラグアのマナグア、ホンジュラスのテグシガルパ、コスタリカのサンホセなど、近年凄まじく治安が悪化しているといわれている地域を通過してきた。 日本にいると、イラクなどの印象が強いためか、多くの人が中東がとても治安が悪いと思っている。 もちろん、中東でもイラクなどは別格なわけだが、その他の地域は民族紛争を除いては治安に不安を感じることは少ない。 そもそも、イスラムの教えで、窃盗などは悪いこととされており、荷物に不安を感じることもほとんどない。 次いで、アフリカについて治安が...