World Scene Blog

ホーム

World Scene Blog

[お知らせ] 壁紙コーナーに国別のハイライト写真掲載中

旅を終えました。

ブログ自体はいつかは完成させたいと思っていますが、とりあえず、国別に写真をまとめて壁紙コーナーに掲載することを優先することにしました。

是非、のぞいてみてください。


    ブログランキングに参加しています。応援クリックをぜひお願いします!


    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ベリーズ:程好い田舎さで居心地抜群のキー・カーカー

ベリーズ・シティから、高速船で1時間弱、キー・カーカーに移動してきた。

IMG_7311_R

ベリーズ・シティの船会社。

IMG_7310_R

荷物預かり可など、サービスも良い。

IMG_7313_R

高速船ターミナル。

IMG_7316_R

キー・カーカーへ向け、出発。

  IMG_7323_R

キー・カーカーの船着場。

キー・カーカーは想像以上にのどかな島だった。

島には、舗装道路はなく、旅行会社やレストランが点在こそしているものの、客引きの呼び込みもうるさくなく、のんびりするには最高の場所だ。

宿によっては、海を目の前に眺めつつ、ハンモックに揺られてと最高に贅沢な時間を過ごすこともできる。

キー・カーカーでは、未だにインターネットがあまり普及していないようなのだが、ミラマールというホテルは、安宿に関わらず、Wifiを無料で使うことができる。
値段も安く、海も目の前、お湯シャワーもじゃぶじゃぶ出ると、言うことなしの安宿だ。

IMG_7362_R

ミラマール・ホテル。ロケーション抜群だった。

キー・カーカーでは、シュノーケリング・ツアーに参加したり、ぶらぶら歩いたりとゆったりとした時間を過ごした。

全く期待していなかったベリーズだけれど、想像以上に素晴らしい。
海もこれ以上ないのでは?、と思うほどきれいだし、何日でも滞在できてしまいそうである。

唯一の不満点は、レストランの値段の高さと、食べ物の種類の少なさだろうか。
自炊をしようにも、自炊をしたほうがお金がかかってしまうのではないかと思うほど、あらゆるものの値段が高い。
なんと、ポテトチップが500円位するのである…。

とはいえ、ホテル代はメキシコのビーチ地区よりは安いくらいだし、海はきれいだし、素朴でのどかな村の快適さは最高だ。

 IMG_7327_R

船着場周辺の海。透明度高い。

IMG_7329_R

南国っぽい雰囲気。

IMG_7330_R

船着場の桟橋も素朴。

IMG_7331_R

良い雰囲気だ。

 IMG_7341_R

  キー・カーカーを散策。

   IMG_7794_R

メインロードにも舗装はされていない。

IMG_7796_R

東南アジアのリゾートに来たみたいだ。

IMG_7798_R

土産物屋も素朴。

IMG_7799_R

メインロードにはレストランや土産物屋が立ち並ぶ。

IMG_7803_R

警察。

 IMG_7808_R

車も少なく、散歩に最適。

IMG_7811_R

ダイビング・ショップもちらほらある。

IMG_7812_R

ゴルフカートが島内の足。狭いので必要ないけど。

IMG_7813_R

洒落たレストラン。

IMG_7814_R

墓地。

IMG_7815_R

旅行会社は多くあるが、内容はどこもほぼ同じ。

   IMG_7819_R

中国人経営の店が多い。品揃えも豊富。

IMG_7821_R

映画に出てきそうな光景。

  IMG_7824_R

エホバの証人。こんな島でも布教してるのね。

IMG_7825_R

ゴルフカートの修理屋。

IMG_7826_R

島唯一の銀行とATM。

IMG_7827_R

再び海岸沿いへ。

IMG_7828_R

良さげなレストランだけど、いまいちだった。

   IMG_7833_R

ここのダイビングショップはなかなかの規模。

IMG_7835_R

日光浴をする人々。

IMG_7838_R

のんびりした気分になれる島だ。

IMG_7840_R

シュノーケルツアーなどに参加していない人は、もっぱら寝るのみ。

IMG_7338_R

セブンイレブン発見。品揃え少なし。

IMG_7333_R

豚の丸焼き。

IMG_7335_R

拡大するとグロテスク…。

IMG_7350_R

最後は夕日。


ベリーズ:取得困難の噂も、難なく国境でビザ取得し、ベリーズ・シティへ

ベリーズ入国の際、日本人はビザが必要だ。
一方、欧米人は必要ない。
これはとても珍しいことで、日本のパスポートは世界最強と言われる中、日本人のみビザを取得しなければならないことは滅多にない。

以前は、お金さえ払えば国境で簡単にビザを取得できたようだが、近年事情が変わってきているらしい。

人によっては発行がされなかったり、もしくはものすごく時間がかかることもあるらしい。

ビザ取得の際には100の質問に答えなければならないとか、土日はビザ発給業務が行われていないなど、不確実な噂も飛び交っていた。

グアテマラのフローレスからは、ツーリスト向けのベリーズ・シティ行きのシャトルバスが出ているのだが、ビザ発行に時間がかかってしまった場合、待っていてはくれないため、国境からベリーズ・シティ行きのチケット代が無駄になってしまう可能性がある。

日本人には悩ましい問題である。

結局、グアテマラとベリーズ国境までのシャトルバスのチケットを購入し、ビザの発給後、ローカルバスでベリーズ・シティまで行くことにした。

朝5時にシャトルバスが宿に迎えに来て、国境へ向け出発した。

国境には7時過ぎには到着し、スムーズにグアテマラの出国を完了した。

次いで、問題のベリーズ入国である。
ビザについて尋ねると、申請フォームを渡され、記入し、別室で難なく取得することができた。
100の質問もなければ、ゴネられることもなく、即時発行である。

同時に、尋ねてみたのだが、土日も通常通り、ビザ発給業務を行っているとのことだ。

日本人の間で横行しているベリーズ・ビザ取得困難情報は一体どこから来たものなのだろうか。

どうやら、最新版の地球の歩き方に、100の質問がされるなどの記載があるようだが、少なくとも2012年3月時点では行われていないようだ。

これは、メキシコからベリーズに入国する人にも当てはまり、メキシコからの入国だと1時間程度ビザ発給に時間がかかることが多いようだが、いずれにせよ取得可能らしい。

さて、この時点でまだシャトルバスは出発しておらず、待っている。

もしかしたら、シャトルバスに乗せてくれるかもと淡い期待を抱き、尋ねてみるも、
「フローレスから通しでチケットを購入していなければ、国境から乗せることはできない」
とのことだ。
例え、追加料金を払ってもダメとのことで、まあ規則らしいので仕方がない。

IMG_7265_R

グアテマラとベリーズの国境。

ローカルバスでベリーズ・シティへ行くことにした。

ベリーズ・シティ行きのバスに乗るには、国境の町のバスターミナルにタクシーで移動し、バスに乗る必要がある。

国境で待っているタクシーは、
「サン・イグナシオまで行ってバスに乗ったほうが、バスも頻発で良い」
という話をしてくるが、タクシー代も高く、無駄である。

タクシー料金は固定性なので、US6ドルを払い、国境の町のバスターミナルに移動することにした。

さて、実は、フローレスからシャトルバスに乗ったときに、日本人らしき人がいるなと思っていたのだが、話してみると、思った通りに日本人だった。

彼女は、ジュリさんと言い、元青年海外協力隊で中米に2年間住んでいたことがあるらしい。

彼女も、シャトルバスのチケットは国境までしか買っていなかったため、タクシーをシェアして、バスターミナルへ向かうことにした。

運が良いことに、バスターミナルへ向かう途中に、ちょうどベリーズ・シティへ向かうバスとすれ違い、乗せてもらうことができた。

グアテマラに引き続き、チキンバスだが、ベリーズは治安も悪くないようで、不安感もない。

バスの中で、ジュリさんと色々話をした。

今までも、青年海外協力隊の人と少し話すことはあったのだが、あまり詳しく聞いたことはなかったため、話が興味深い。

そもそも青年海外協力隊に行こうと決心をしている時点で、日本にいてもなかなか出会えない人なので、視点も変わっていて、話もおもしろかった。

彼女も今日はキー・カーカーまで移動するらしい。

車窓からの景色もグアテマラとは一変して、黒人も多く、カリブの雰囲気を醸し出している。
のどかな田舎景色が続き、良い感じの国である。

首都のベルモパンでバスの乗換えとなったが、これもスムーズに行き、昼の12時前にベリーズ・シティに到着することができた。

予想よりだいぶ早く、ラッキーだ。

キー・カーカー行きの船会社に荷物を預け、ベリーズ・シティを散策することにした。

ベリーズ・シティは見どころも乏しく、ここだけを目当てにくるとがっかりしてしまう町かもしれないが、他の場所に行く途中に立ち寄る程度であれば、海もきれいだし、なかなかに楽しむことができた。

 IMG_7266_R

ベリーズ・シティ。

IMG_7269_R

時計台。

IMG_7275_R

総督官邸。

IMG_7276_R

博物館になっているらしい。

  IMG_7283_R

セント・ジョンズ・カテドラル。

  IMG_7290_R

ベリーズ・シティの海はそれほどきれいではない。

IMG_7293_R

シーサイド・ゲストハウス。名前は素敵だ。

IMG_7299_R

町中心部。

IMG_7301_R

きれいな建物が多いが、少し裏路地に行くと雰囲気は良くない。

IMG_7304_R

白くてきれいな教会。

  IMG_7309_R

中央郵便局。


    ブログランキングに参加しています。応援クリックをぜひお願いします!


    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
  • コメント(閉): 0
  • トラックバック: 0
1 2 3 4 5 6 141

ホーム

検索
メタ情報

ページの上部に戻る