ホーム > 2005 > 夏- タイ・ベトナム・マレーシア・インドネシア・シンガポール

夏- タイ・ベトナム・マレーシア・インドネシア・シンガポールのアーカイブ

シンガポール:マーライオンなどの観光地巡り

シンガポールの中心地に来ると、地震がないという地の利を活かし高層ビルが立ち並んでいた。

2005Singapore001

シンガポールの高層ビル群。


2005Singapore006

シンガポールの高層ビル群その2。

2005Singapore004

シンガポールの高層ビル群その3。

2005Singapore016

シンガポールの高層ビル群その4。


まずは、シンガポールの象徴ともいえるマーライオンを見に行くことにした。
世界三大どうでもいいものと呼ばれてるけれど、予想よりもすごかった。
というよりも、旅をしていると、しょぼいものは意外に多く、これよりひどいものはたくさんあるでしょといった感じ。
とはいえ、決してこれ目当てで、シンガポールにまで行く価値があるとも思えなかったけれど・・・。


2005Singapore013

シンガポールの中心部。

2005Singapore014

世界三大がっかりスポットのマーライオン。

2005Singapore015

思っていたより大きく、満足。

その他、シンガポールのみならず世界的にも有名なラッフルズホテルを訪れたり、ラッフルズの上陸記念の地にたつラッフルズ像を見に行ったりした。

2005Singapore003

ラッフルズホテル。

2005Singapore007

ラッフルズの銅像。

チャイナタウンや、リトル・インディア、アラブ・ストリートなども訪れたが、色々な文化を見ることができるのが魅力なのだが、一方でどれもが本場にはかなわず、物足りなさも感じた。
唯一、ブギス・ストリートのサルタン・モスクだけは印象ぶかい美しい外観だった。

2005Singapore018

サルタン・モスク。

2005Singapore019

サルタン・モスクその2。

シンガポールは、物価がとても高いが、ホーカーズを利用することで食費は安く抑えることができた。
チキンライスにアイス・カチャンなど種類も豊富で、食はマレーシアよりも充実しているように感じた。



2005Singapore022

多くの屋台が立ち並ぶホーカーズ。

2005Singapore021

いつも人で賑わっている。

ただ、全般的にあまりに整然としており、東南アジアらしさを感じれず。

今回の旅は、これで終了である。
今回訪れた中では、ホーチミンとバリ、そしてピピ島が印象深かった。
これらは、ぜひともまた訪れてみたい。


シンガポール:国境越えでバスに置いていかれる

シンガポールへは、マラッカからの国際直行バスで行くことにした。

マレーシアのバスは、これまで乗ってきて全て快適で、信頼しきっていたのだが、最後の最後に足元をすくわれてしまった。

マラッカからシンガポール行きのバスもやはり快適で、何の問題もなくシンガポールとの国境のイミグレに到着した。

途中、サッカーの日本代表がはじめてのワールド・カップ出場を決めたジョホール・バルを経由しつつ、スタジアムが見えないかなと探したりもして、余裕だったのだが…。

シンガポールのイミグレでは、マレーシア人とシンガポール人の窓口はとてもスムーズなのだが、その他外国人の窓口はすべてのにもチェックを行っており、異常に行列が長くなっていた。
それもそのはず、荷物をひとつひとつチェックしているのである。
その時点で、同じバスに乗ってきていたマレーシア人は次々と国境越えを終えていく中、自分の番はなかなか来ない。
たまたま、同じバスに日本人が乗っており、
「これは、まずいよね。バス、待っててくれるかな」
「でも、マレーシアだし大丈夫じゃない」
などと、話していたのだが、ようやくシンガポールに入国するも、既に誰もいない。

荷物は全て自分で持ち運んでいたので大丈夫だったが、大きい荷物をバスのトランクに積んだままにしていたらと思うと、不幸中の幸いかなとも感じた。
国境では、両替所もなく、シンガポールのお金を持っていなく、途方にくれてしまった。

仕方なく、持っていた米ドルを近くのシンガポール人にいくらかだけ両替してもらい(相当悪いレートで…)、次にやってきたバスをヒッチすることに。
少し損してしまったが、なんとか中心部まで行くことができた。

旅慣れてきて、さらにサービスの比較的いいマレーシアとシンガポールということもあって、油断しすぎたようだ。

ともあれ、無事に移動できて一安心だ。


マレーシア:ゴーストタウンのようなマラッカ

バリからクアラルンプールにエアアジアで戻り、そのままマラッカへやってきた。

マラッカは、1400年にマラッカ王国が誕生し繁栄した後、およそ400年の間にポルトガル、オランダ、イギリスとヨーロッパの列強国に支配され、独特の文化を形成した古都である。

現在は世界遺産にも登録されており、マレーシア有数の観光地となっている。

マラッカでは、まず中心ともいえるオランダ広場へ向かった。
オランダ広場にあるのが、オランダ総督らが居住するために建てられた東南アジア最古のオランダ建築であるスタダイスである。
色鮮やかな色で目立っており、観光客もちらほらいた。

2005Malay069_R

オランダ広場。

2005Malay070_R

オランダ広場その2。


2005Malay078_R

周辺にはカラフルな自転車タクシーが多くいる。

次いで、ポルトガル支配時に、宣教師の活動拠点として栄えたマラッカに建てられたというセント・ポール教会を訪れた。
ここには、あのフランシスコ・ザビエルの遺骨が安置されていたこともあるといい、由緒正しい教会なのだとか。

2005Malay076_R

セント・ポール教会。

2005Malay073_R

セント・ポール教会その2。

2005Malay072_R

フランシスコ・ザビエル像。

2005Malay074_R

教会内部。

2005Malay075_R

今は外壁しか残っていない。

さらにポルトガル軍がオランダ軍との戦いに備えて作られたサンチャゴ砦にも訪れた。
まあ、規模はさほど大きくなく、印象には残らず。

2005Malay067_R

かなり規模が小さいサンチャゴ砦。

2005Malay068_R

サンチャゴ砦。

マラッカでは、ドラマの深夜特急の影響から、夕日を見るのを楽しみにしていたのだが、あいにくの天気で夕日を見ることはできなかった。

2005Malay077_R

マラッカ海峡方面。

2005Malay079_R

海岸は干潟で、夕日は見れず。

マラッカ全般的に、活気がなく、まるでゴーストタウンのようで、昼間からほとんどの店は閉まってるし、夜になっても開かない。
食堂も少なく、夕飯を食べる店探しにも苦労してしまった。


1 2 3 4 5 6 13

ホーム > 2005 > 夏- タイ・ベトナム・マレーシア・インドネシア・シンガポール

検索
メタ情報

ページの上部に戻る