ホーム > 夏- タイ・ベトナム・マレーシア・インドネシア・シンガポール | 2005 > マレーシア その2

マレーシア その2のアーカイブ

マレーシア:ゴーストタウンのようなマラッカ

バリからクアラルンプールにエアアジアで戻り、そのままマラッカへやってきた。

マラッカは、1400年にマラッカ王国が誕生し繁栄した後、およそ400年の間にポルトガル、オランダ、イギリスとヨーロッパの列強国に支配され、独特の文化を形成した古都である。

現在は世界遺産にも登録されており、マレーシア有数の観光地となっている。

マラッカでは、まず中心ともいえるオランダ広場へ向かった。
オランダ広場にあるのが、オランダ総督らが居住するために建てられた東南アジア最古のオランダ建築であるスタダイスである。
色鮮やかな色で目立っており、観光客もちらほらいた。

2005Malay069_R

オランダ広場。

2005Malay070_R

オランダ広場その2。


2005Malay078_R

周辺にはカラフルな自転車タクシーが多くいる。

次いで、ポルトガル支配時に、宣教師の活動拠点として栄えたマラッカに建てられたというセント・ポール教会を訪れた。
ここには、あのフランシスコ・ザビエルの遺骨が安置されていたこともあるといい、由緒正しい教会なのだとか。

2005Malay076_R

セント・ポール教会。

2005Malay073_R

セント・ポール教会その2。

2005Malay072_R

フランシスコ・ザビエル像。

2005Malay074_R

教会内部。

2005Malay075_R

今は外壁しか残っていない。

さらにポルトガル軍がオランダ軍との戦いに備えて作られたサンチャゴ砦にも訪れた。
まあ、規模はさほど大きくなく、印象には残らず。

2005Malay067_R

かなり規模が小さいサンチャゴ砦。

2005Malay068_R

サンチャゴ砦。

マラッカでは、ドラマの深夜特急の影響から、夕日を見るのを楽しみにしていたのだが、あいにくの天気で夕日を見ることはできなかった。

2005Malay077_R

マラッカ海峡方面。

2005Malay079_R

海岸は干潟で、夕日は見れず。

マラッカ全般的に、活気がなく、まるでゴーストタウンのようで、昼間からほとんどの店は閉まってるし、夜になっても開かない。
食堂も少なく、夕飯を食べる店探しにも苦労してしまった。


ホーム > 夏- タイ・ベトナム・マレーシア・インドネシア・シンガポール | 2005 > マレーシア その2

検索
メタ情報

ページの上部に戻る