ホーム > 夏- オーストラリア・バヌアツ・フィリピン・タイ・カンボジア・マレーシア・ブルネイ・台湾周遊 | 2006 > オーストラリア その2

オーストラリア その2のアーカイブ

オーストラリア:メルボルン空港にて

エアーズロックから飛行機で一気にメルボルンへやってきた。

夕方に空港に着き、翌朝の飛行機でフィリピンへ向かう予定のため、市内へは移動せず、空港で過ごすことにした。

いろいろ散策していると、なんとメルボルンの空港のトイレには、無料のお湯シャワールームがあることを発見してしまった。
こんな素晴らしい空港は初めてだ。

有料ならよくあるが、まさか無料なんて。
しかも、掃除が行き届いており、かなりきれいだ。

シャワーも浴びれ、カフェで時間を潰しつつ、苦もなく空港で一夜を過ごすことができた。


オーストラリア:無駄に過酷なキングスキャニオン

オーストラリアのグランドキャニオンとも言われ、オーストラリア中央部では、ウルル・カタジュタに続き、人気と言うキングスキャニオンにも行ってみることにした。

ここは、テレビドラマ「世界の中心で愛を叫ぶ」のロケ地としても使われた場所らしく、何となく行ってみたのだが、予想以上に過酷だった。

カタジュタに行った後だったのでそんなハードなトレッキングにならないと思い、水を少ししか持って行かなかったのだが、それが大失敗だった。
かなりハードな道を延々歩き、太陽の照り返しもすごく、最後にはツアーに参加した人全員ぐたぐたになっていた。
景色も、苦労に比較して、そんなにすごくなかったような印象で、時間がなければ特に行かなくてもいいのかなと感じた。

2006Austraria103

キングスキャニオン。

2006Austraria104

キングスキャニオンその2。

2006Austraria098

キングスキャニオンその3。

2006Austraria105

キングスキャニオンその4。

2006Austraria108

キングスキャニオンその5。

2006Austraria110

キングスキャニオンその6。

2006Austraria111

キングスキャニオンその7。

2006Austraria112

キングスキャニオンその8。

2006Austraria113

キングスキャニオンその9。

2006Austraria114

キングスキャニオンその10。

2006Austraria115

キングスキャニオンその11。


2006Austraria077

キングスキャニオンその12。

2006Austraria078

キングスキャニオンその13。

2006Austraria084

キングスキャニオンその14。


2006Austraria086

キングスキャニオンその15。


2006Austraria088

キングスキャニオンその16。

2006Austraria091

キングスキャニオンその17。


2006Austraria094

キングスキャニオンその18。


2006Austraria096

キングスキャニオンその19。


オーストラリア:迫力のエアーズロックとオルガ

オーストラリアでは、ぜひともグレートバリアリーフとエアーズロック(ウルル)を見ようと思っていたため、ケアンズから飛行機を利用し、エアーズロックに移動した。

オーストラリアは国内線の値段がとても高い。
とは言え、広大な国土のため、バスで移動していては時間がかかるため仕方がない。

エアーズロックは、オーストラリアで一番の観光地といっても過言ではなく、宿泊施設も充実している。
エアーズロック周辺のホテルはすべてボヤージズ・リザベーションズという会社が運営しており、バックパッカーはドミトリーが併設されているアウトバック・パイオニアに泊まることになる。
ここは、キッチンも広く、設備は充実しているのだが、70人ドミトリーでおよそ3000円と値段は、他の場所に比べてだいぶ高めになっている。

このアウトバック・パイオニアだが、ドミトリーのある部屋の鍵さえ開けてしまえば、70人分のベットがすべて埋まっているわけではないため、出会ったドイツ人は、夜中だけ紛れ込み、無料で宿泊するという手を使っていた。
もちろんリスクはあるのだが、管理は比較的ずさんだったので、彼は3日間見つからずに過ごしていた。
欧米人の無駄な冒険心は謎だが、見ていると面白い。

2006Austraria054

リゾートでは、毎夜ライブが行われている。

2006Austraria287

リゾート内に、キャメルファームがあった。

2006Austraria288

人懐っこい。

2006Austraria289

ラクダその1。

2006Austraria290

ラクダその2。

エアーズロックでも、レンタカーを使用しない場合は基本的にツアーに参加し、移動をすることになる。

エアーズロックでは、まずサンセット・ツアーに参加した。
サンセットはサンセット・ビューという展望台から見るのだが、前景が見渡せ、とても美しい。
曇りの天気のときに、エアーズロックが真っ赤な夕日に染まることが多いらしい。


2006Austraria170

サンセット・ポイントから見たエアーズロック。

2006Austraria166

昼間のエアーズロック。

2006Austraria171

エアーズロックのサンセット。


2006Austraria173

日没後のエアーズロック。

翌朝、サンライズ&登山ツアーにも参加した。
サンライズ・ビューポイントは、あまりにもエアーズロックに近すぎ、全景も見えなく、いまいちだった。

2006Austraria076

エアーズロックのサンライズ。

2006Austraria075

大混雑…。

エアーズロックの登山は、おすすめだ。
アボリジニーの宗教的な問題から、登山はやめたほうがいいという人もいるけど、アボリジニーは今や政府からの援助と観光収入に頼っているわけだから、といいように解釈することにした。

エアーズロックに登る途中からの景色は圧巻だ。
オルガ渓谷(カタジュタ)を見ることもでき、気分爽快だった。
ただ、登る道は、予想以上にかなりハードだった。
靴で行くことと、水は必携だと思う。


2006Austraria262

エアーズロックを近くから見ると意外に複雑な形状。

2006Austraria263

登り道はかなり急。

2006Austraria265

たまに怪我人も出るとか。

2006Austraria324

登っている途中の風景。

2006Austraria327

カタジュタも見える。

2006Austraria328

エアーズロックから見たカタジュタ。

2006Austraria329

頂上。

2006Austraria330

それなりに達成感を感じる。


2006Austraria331

記念碑。

2006Austraria333

記念碑その2。


2006Austraria335

下っている途中。

エアーズロックから降りた後は、集合時間までは、ロックアートなどを見学し、集合時間にバスに集合し、ホテルまで送ってもらい、終了という内容だった。

2006Austraria267

ロックアート。

2006Austraria273

不思議なかたちをした洞窟。

2006Austraria274

エアーズロック周辺はトレッキングコースになっている。

2006Austraria276

珍しく花が咲いていた。

2006Austraria275

波の形をした岩。

2006Austraria278

波の形をした岩その2。

2006Austraria279

ロックアートその2。

さらに、エアーズロックでは、グレートバリアリーフに引き続き、ヘリコプターに乗り、空中から見てみることにした。
空中から見るエアーズロックは、地上から見るものと一味違い、また美しかったが、グレートバリアリーフのときほど、ヘリコプターのメリットは感じなかった。
途中、パイロットが、サービスで、わざと大旋回などしてくれたのだが、正直、写真も撮れないし、迷惑極まりなく…。

2006Austraria291

エアーズロックとエアーズロック・リゾート。

2006Austraria292

空中から見たエアーズロック。

2006Austraria293

空中から見ると、一枚岩の迫力もまた増す。

2006Austraria294

オーストラリアの広大さを感じる。

2006Austraria295

エアーズロック・リゾート。

さらに、カタジュタ風の谷とサンセットバーベキュー・ツアーにも参加してみた。
カタジュタは、エアーズロックが1つの岩なのに対し、奇抜な岩の集まりであり、見て歩く分にはこちらの方がおもしろい。

カタジュタでは、オルガ渓谷と風の谷が最大の見所となっており、その他にもルックアウトポイントもいくつか用意されており、さほど辛くなく散策することができた。
カタジュタを、宮崎駿の風の谷のナウシカのモデルという人もいるのだとか。
個人的には、パキスタンのフンザだっていう説のほうが濃厚だと思うのだけれど。

2006Austraria282

カタジュタはトレッキングコースになっている。

2006Austraria283

エアーズロックとそっくり。

2006Austraria284

岩のかたちが複雑なのが違い。

2006Austraria285

オーストラリア人は、トレッキングが大好きらしい。

2006Austraria044

奇岩などが多い。

2006Austraria046

道は辛くなく、誰でも参加可能。

2006Austraria045

ここが最大の見所の風の谷。写真だと魅力伝わらず…。


2006Austraria050

カタジュタのサンセット。

2006Austraria052

カタジュタのサンセットその2。

2006Austraria053

カタジュタのサンセットその3。

サンセットバーベキューだが、希望者はカンガルーの肉を試食することができたのだが、とてつもなくまずかったのが印象に残った。
これほど、獣臭い肉があるのかといった感じ。
とてもじゃないが、飲み込めず…。
オーストラリア人も同様の感想を持ったようで、苦悶の表情を浮かべていた。

サンセットバーベキューのときに、周囲の明かりを全て消して、星空を眺めてみたのだが、ウルルの星空は凄まじかった。
天の川がはっきりと見えた。
英語では、ミルキー・ウェイと言うらしいが、まさにその通りで、星というよりも白いラインがはっきりと見え、驚いてしまった。


1 2

ホーム > 夏- オーストラリア・バヌアツ・フィリピン・タイ・カンボジア・マレーシア・ブルネイ・台湾周遊 | 2006 > オーストラリア その2

検索
メタ情報

ページの上部に戻る