ホーム > 夏- オーストラリア・バヌアツ・フィリピン・タイ・カンボジア・マレーシア・ブルネイ・台湾周遊 | 2006 > ブルネイ

ブルネイのアーカイブ

ブルネイ:郊外の観光地

バンダル・スリ・ブガワンの郊外にも訪れてみることにした。

自家用車率がとても高いブルネイだが、バスも頻発しており、かなり不自由なく移動することができる。

まずは、ジャミヤシル・ハサニル・ボルキア・モスク(ニュー・モスク)に行ってみることにした。
ここは、バンダル・スリ・ブガワンとガドンの中間くらいににあり、バスが目の前に行くのでアクセスは簡単だ。
大きい駐車場完備でいかにも近代的な感じがしてしまったため、個人的には、オールド・モスクのがお気に入りだ。

2006Brunei051

ジャミヤシル・ハサニル・ボルキア・モスク。

2006Brunei052

ジャミヤシル・ハサニル・ボルキア・モスクその2。

2006Brunei049

ジャミヤシル・ハサニル・ボルキア・モスクその3。

2006Brunei061

ジャミヤシル・ハサニル・ボルキア・モスクその4。


2006Brunei063

ジャミヤシル・ハサニル・ボルキア・モスクその5。

2006Brunei064

モスクに併設されていた学校。

2006Brunei056

いかにもお金持ちの子どもといった雰囲気。

次いで、新しい商業エリアだというガドンを訪れた。
ここは高級ホテルとショッピングセンターが売りなのだが、品数もいまいちで楽しめず。


2006Brunei030

ガドン。

2006Brunei021

最大のショッピングセンターのMall。

2006Brunei055

品数はいまいちだった。


ブルネイ:小さな首都バンダル・スリ・ブガワン

ブルネイの首都バンダル・スリ・ブガワンに到着した。

ブルネイは東南アジアの中では、ホテル代が高いのだが、ユースホステルがあり、比較的安く泊まることができる。

バンダル・スリ・ブガワンだが、想像以上に小さな町で、30分も歩けば一通り見終えてしまう。

この町で一番のショッピングセンターであるヤヤサンコンプレックスにしても、日本のスーパーよりも規模が小さいくらいである。
娯楽といえば、映画館があるくらいのようで、この国に住んだら、暇を持て余してしまいそうだ。
どんなに金持ちになれるとしても、少し考えてしまう…。

 

2006Brunei005

ここが町で一番栄えている場所。

2006Brunei013

バンダル・スリ・ブガワンで最大のショッピング・センター。


2006Brunei036

国会議事堂。

2006Brunei023

郵便局。


2006Brunei058

バンダル・スリ・ブガワンの街並み。

2006Brunei059

メイン・バスターミナル。バスは頻発。

2006Brunei002

バンダル・スリ・ブガワンの街並みその2。

2006Brunei003

バンダル・スリ・ブガワンの街並みその3。

2006Brunei004

バンダル・スリ・ブガワンの街並みその4。

2006Brunei006

市場。

2006Brunei007

市場の様子。

2006Brunei008

市場の様子その2。

2006Brunei009

市場の様子その3。


2006Brunei011

市場の様子その4。

町の中心には、オマール・アリ・サイフディン・モスク(オールド・モスク)がある。
夕暮れ時のライトアップがとても美しく、今まで見たモスクの中でも最高クラスの美しさだった。
お祈りの時間にはたくさんの人が集まってきて、周囲の道路も路上駐車で渋滞になり、それもまた見ものだった。


2006Brunei035

オマール・アリ・サイフディン・モスク。

2006Brunei034

白い外観が美しい。

2006Brunei031

オマール・アリ・サイフディン・モスクその2。

2006Brunei033

オマール・アリ・サイフディン・モスクその3。

2006Brunei041

夕暮れ時のオマール・アリ・サイフディン・モスク。


2006Brunei044

夕暮れ時のオマール・アリ・サイフディン・モスクその2。

2006Brunei046

夕暮れ時のオマール・アリ・サイフディン・モスクその3。

2006Brunei045

夕暮れ時のオマール・アリ・サイフディン・モスクその4。

2006Brunei047

夕暮れ時のオマール・アリ・サイフディン・モスクその5。

2006Brunei057

日没後のオマール・アリ・サイフディン・モスク。

2006Brunei060

日没後のオマール・アリ・サイフディン・モスクその2。

ブルネイ最大の見所の一つが、水上集落のカンポン・アイールである。
なんと600年もの歴史があるらしく、現在も3万人もが暮らしている世界最大の水上集落らしい。
集落には、学校やガソリンスタンド、警察などもあり、彼らの生活はとても興味深かった。
カンポン・アイールの住民のように渡し舟を利用して渡ることもできるが、1時間船をチャーターしてしまうのがおすすめだ。
ブルネイ人は、英語が話せるので、簡単なガイドもしてもらうこともできる。

2006Brunei025

渡し舟は、生活に欠かせないらしい。

2006Brunei001

家事で消失後、立て直した新しい水上家屋。

2006Brunei012

水上小学校。

2006Brunei014

水上ガソリンスタンド。

2006Brunei015

水上ガソリンスタンドその2。


2006Brunei017

警察署も完備。


2006Brunei019

昔ながらの家屋も多い。

2006Brunei020

小学校へのスクール船。


2006Brunei029

カンポン・アイールの様子。

2006Brunei065

カンポン・アイールの様子その2。

2006Brunei066

カンポン・アイールの様子その3。

2006Brunei067

競艇のようにスピードを出すボートも。


2006Brunei071

オールドモスクを臨む。

2006Brunei072

カンポン・アイールの様子その4。


2006Brunei074

カンポン・アイールの様子その5。

2006Brunei075

カンポン・アイールの様子その6。

2006Brunei076

カンポン・アイールの様子その7。

2006Brunei077

カンポン・アイールの様子その8。


2006Brunei081

水上消防署。
2006Brunei085

水上モスク。

2006Brunei086

なんかの公共施設だったのだけれど…失念。


ブルネイ:ムアラからバンダル・スリ・ブガワンへ

コタ・キナバルから、ラブアン島経由で、ムアラへやってきた。

ブルネイへの入国をスムーズに終えると、バンダル・スリ・ブガワン行きのバスがちょうど来ており、待ち時間もなく移動することができた。
バスは、BND2で、30分おきに頻発しているとの話だった。

ムアラの港には、両替所という看板はあったが、誰も利用しておらず、常に開いているかは確認できず。
マレーシアからブルネイに行く場合はコタキナバルのショッピングセンター内の両替所で両替ができるため、小額は念のため準備しておいたほうが無難と思われる。

2006Brunei040

高速船がムアラ港に到着。

2006Brunei042

ムアラ港とイミグレ。

バンダル・スリブ・ガワンへ行く途中の景色を見ていると、豪邸ばかりである。
さらに、周りを走っている車もベンツやBMWなどの高級車ばかりであり、ブルネイがお金持ちの国であることが実感できる。
それもそのはず、この国は世界で最も裕福な国の一つといわれ、給与平均は東南アジアで一番、教育費や医療費は無料で、所得税もないのだとか。


ホーム > 夏- オーストラリア・バヌアツ・フィリピン・タイ・カンボジア・マレーシア・ブルネイ・台湾周遊 | 2006 > ブルネイ

検索
メタ情報

ページの上部に戻る