ホーム > 夏- カタール | 2007 > カタール

カタールのアーカイブ

カタール:ホール・アル・ウデイド(インランド・シー)

サウジアラビアとの国境にある美しい内海ホール・アル・ウデイドへ行ってきた。

ホール・アル・ウデイドへ行くには砂漠を抜けなければならず、4WDツアーに参加するのが一般的だ。
まず、ドーハからシーライン・ビーチリゾートまで舗装道路で移動する。
シーライン・ビーチリゾート以降は、舗装道路はなく、砂漠を駆け抜けることになる。

砂漠を四駆車で疾走するのもこのツアーの売りの一つで、砂丘の急坂を駆け下りたり、駆け上ったりを繰り返す。
これがまたなかなかのスリルでジェットコースターのような感覚を味わえる。
ただ、ジェットコースターと違うのはドライバーが一歩間違えると、普通に転倒してしまう可能性があるという点だ。
実際に、事故もしばしば起こるのだとか。
同行者は楽しんでいたが、個人的にはジェットコースターも嫌いなこともあり、まるで拷問のようなアクティビティだった。
ただ、灼熱の砂漠で途中下車するわけにも行かず、ひたすら耐えることに…。

2007Qatar062

砂漠を駆け抜けた四駆。

ようやく砂漠ジェットコースターを終え、ホール・アル・ウデイドに向かうことになる。
白い砂に、きれいな海でなかなかの景色だった。
水遊び程度に泳ぐことはできるのだが、サウジアラビア側からも、カタール側からも軍が常に監視しているらしく、ふざけ半分でも国境を越えようとすると捕まってしまうこともあるらしく、注意が必要だ。
サウジ軍に捕まりでもしたら、どうなってしまうことか…。

2007Qatar063

エメラルドグリーンで美しいホール・アル・ウデイド。

2007Qatar064

エメラルドグリーンの湖と白い砂がのコントラストが美しい。

2007Qatar065

ツアー参加者だけのプライベート・ビーチ。

2007Qatar066

透明度もとても高い。

2007Qatar067

ホール・アル・ウデイド。

ホール・アル・ウデイドでしばし水遊びを満喫した後は、ベドウィン(遊牧民)キャンプを訪れた。
ここでは、多くのラクダや伝統衣装を着たベドウィンなどを見ることができてとても満足。

2007Qatar072

ベドウィン・キャンプ。中は意外に涼しい。

2007Qatar071

放し飼いのラクダ。

2007Qatar068

団体で行動するようだ。

2007Qatar073

砂漠とラクダ。

2007Qatar070

砂漠とラクダその2。

2007Qatar069

ラクダ小屋にいるラクダ。

2007Qatar074

ベドウィン。

内容充実で、さすがにカタール随一の人気ツアーということに納得の1日だった。


カタール:シーライン・ビーチリゾート

ドーハから車で南に約1時間ほど行ったところにシーライン・ビーチリゾートというリゾートホテルがある。
ここは宿泊客でなくとも、施設を利用することができるということで行ってみることにした。

ドーハからシーライン・ビーチリゾートへ向かう途中にはメサイードという工業地帯の横を通過するのだが、さすがにカタール、プラントの規模が大きい。
砂漠を見たり、プラントを見たりと、1時間があっという間に感じた。

さて、リゾートに到着した。
ここでは、宿泊客以外は入場に、1人当たり50リアルが必要になる(平日は30リアル)。
まあ、ビーチもあるし、プールも利用できるので少し高いがそれは致し方ないところ。

2007Qatar051

シーライン・ビーチリゾート。

入場し、まずはビーチに向かってみる。
海はというと…予想以上に汚い。
さほど期待もしていなかったのだが、予想以上に濁っているし、何よりごみが多すぎて入る気がしない。
とはいえ、入場料を払ったのだからと、意を決して海に入ってみると、ものすごくぬるい。
まるで温泉のようである。
確かに毎日気温が50度近くになっているのだから水温が高いのも当たり前かもしれない。
中途半端なぬるさが気持ち悪く、早々にプールに移動することにした。

2007Qatar052

シーライン・ビーチリゾートのビーチ。

2007Qatar054

シーライン・ビーチリゾートのビーチその2。

2007Qatar058

シーライン・ビーチリゾートのビーチその3。

2007Qatar053

観光用のラクダが飼育されている。

2007Qatar055

シーライン・ビーチリゾートのラクダ。

2007Qatar056

シーライン・ビーチリゾートのラクダその2。

2007Qatar057

シーライン・ビーチリゾートのラクダその3。

2007Qatar059

シーライン・ビーチリゾートのラクダその4。

2007Qatar060

シーライン・ビーチリゾートのラクダその5。

2007Qatar061

シーライン・ビーチリゾートのラクダその6。

さて、プールでもやることはなく、昼食でも食べることにした。
当然、ホテルにはレストランも完備されている。
が、これまた値段が高い。
そして味もいまいちである。
なんともすべてが期待外れだ。

残念ながら期待していたほどに楽しむことはできず、がっかりしてしまった。
ただ、ここでは砂漠をバギーで走るアトラクションなども行うことができるらしく、そちらを選択していればもっと楽しめたのかもしれない。


カタール:ラスラファン

カタールの北東部沿岸に位置するラスラファンには、世界第三位の埋蔵量を誇るガス田からパイプラインで運ばれた天然ガスを処理する大規模のプラントがある。
カタールの現在のすさまじい発展は、まさにここのおかげといっても過言ではない。

この地域には、カタール・ガスやエクソンモービル、シェルなど多くの有名企業がプラントを建設しているが、その多くの設計から調達、建設を請け負っているのは千代田化工や日揮といった日本のプラント・エンジニアリング会社であり、日本とカタールとの密接な結びつきを実感することができる。

残念ながら、通常は施設の中には入れないが、時にはアル・ホール周辺からもフレアという煙突からの炎を見ることができる。
実際に、工業地帯に入ってみると、驚きの規模のプラントが立ち並んでおり、この地域一帯を世界遺産に指定してもいいのではないかと思ってしまうほど、圧巻の光景である。
特に夜間ライトアップされたプラントはとても美しく、近年日本でも「工場萌え」などがブームだが、工場マニアは泣いて喜ぶのではないかというほど美しかった。


1 2 3

ホーム > 夏- カタール | 2007 > カタール

検索
メタ情報

ページの上部に戻る