ホーム > 2009 > 夏- セーシェル・モーリシャス周遊

夏- セーシェル・モーリシャス周遊のアーカイブ

セーシェル:フライト乗り継ぎ失敗と交渉難航

翌朝、5時に飛行機は出発するとの話だったにも関わらず、空港行きのバスが4時半を過ぎてもホテルを出発せず、飛行機の出発時刻が2時間も遅れてしまった。
セーシェルでの乗り継ぎはほぼ絶望的であり、その後のフライトの手配もできないまま、不安を抱えたまま飛行機に乗ることになった。
モーリシャスでは、観光自体さほど面白くなかったのに加え、飛行機でもトラブルがあり、嫌な思い出ばかりが残ってしまった。

セーシェルの空港に到着するも、予想通りカタール行きの便は既に出発してしまっており、セーシェルのイミグレではホテルの予約書を見せなければ通してもらえないため、入国管理官にとめられてしまう。
状況を説明し、セーシェル航空のスタッフを呼んでもらい、代わりの飛行機を手配してくれるよう頼んでみた。
1時間近く待たされ、ようやく答えをもらったのだが、
「今日はどの便を使っても帰る術はない。ただ、明日も明後日もカタール行きの便は満席であり、何日後になるかわからない」
とのことだ。
あまりにもふざけた答えで、しばし唖然としてしまったが、セーシェルにはシンガポール航空が発着していることを知っていたので、
「明日も便が取れないなら、シンガポール航空に振り替えてくれ」
と頼むと、調べてみるとのことだ。

昨日のモーリシャスでは、南アフリカ人がたくさん居り、勝手に交渉してくれたが、セーシェルでは自分ひとりしか居らず、交渉も自分でしなければならない。
まず、ホテルの用意、さらに食事の用意をしてもらえるよう交渉した。
さらに、日本への電話代を持ってもらうよう交渉し、かなり揉めたがどうにか了承してもらう。
既にセーシェルについてから3時間近く経過しており、疲れてきたため、早めにホテルにチェックインをしたく、そのように係員に伝えると、ホテル名を告げられ自分で行ってほしいと言われる。
セーシェルは物価が高く、タクシー代が片道で30ユーロ以上かかることはざらであり、自分に非がないにも関わらず、タクシー代なんて払えるかとのことで再度交渉し、ホテルへの送迎もセーシェル航空に払ってもらうことにする。
ただ、この時点ではカタール行きのフライトはキャンセル待ちであり、セーシェル航空が夕方までに連絡をくれるとのことであった。

ホテルはベルジャヤ・ボーバロンベイ・ビーチリゾート&カジノという高級ホテルに泊まれることになったのだが、値段の割りにサービスが伴っておらず、部屋は日本のビジネス・ホテルのような広さ程度しかなく、バスタブも完備されていなかった。
セーシェルでは、天気が悪く、やることがないので部屋で寝て待つことにする。
しかし、待てど暮らせど、セーシェル航空から連絡がこない。
痺れを切らし、フロントに聞きにいくも何も連絡がないとのことだ。
セーシェル航空に連絡をしてみるも電話がつながらない。
仕方なく、直接カタール航空に電話をすると、予約は確定いるとのことだ。
セーシェル航空のサービスの悪さ、というよりもいい加減さにひどく疲れ、早々に休むことにした。
多くの国を旅してきたつもりであったが、これほどいい加減な対応をされたこともなく、交渉疲れをしてしまい、リゾート気分は完全に吹っ飛んでしまった。

ベルジャヤ・ボーバロンベイ・ビーチリゾート&カジノ。

値段の割りに、たいしたことのない部屋。

宿泊客も少なく、プールも独占状態。

ホテルの目の前のビーチ。

カジノも併設されている。一応、ドレスコードも有。

土産やも完備。値段はかなり割高。

翌日も、迎えに来てくれると約束していた送迎車は、予想通り迎えに来ず、タクシーで空港に向かうことにする。
その際、タクシー・ドライバーに
「セーシェル航空のフライトの遅れのせいで乗り継ぎに失敗して、このホテルに泊まっている。送迎を約束してもらったにも関わらず、送迎がきていないので空港に行きたい。お金はセーシェル航空が払うから、自分は払えない。セーシェル航空への交渉はもちろん行うから、連れて行ってもらえるか」
と伝えたところ、セーシェル航空の評判の悪さは、セーシェルの人の間でも有名らしく、同意してくれ、空港に連れて行ってくれることになった。
空港についてから、セーシェル航空に連絡の不備や、送迎のなかった件など文句を言い、タクシー・ドライバーへの支払いを行ってもらった。

ようやく日本に向け出発することができることになり、一安心することができた。
それにしても、フライトの遅れでこれほどまでにいろいろ交渉しなければならないセーシェルのおかげで、リゾートを満喫するどころか、疲労が蓄積してしまった。


モーリシャス:フライト・キャンセルの悪夢

セーシェル経由で帰る予定のため、1時間半ほどかけ、タクシーで空港へ向かった。
利用する予定のセーシェル航空はリコン・ファームが必要だったため、3日前に直接航空会社に出向いてフライト変更がないことを確認しており、何の不安もなく空港にたどり着いた。
しかし、空港の案内掲示板に乗るはずのフライト情報が掲載されていない。
係員に確認すると
「キャンセルされた」
と、さも当然のように言っている。
「翌朝5時に出発時刻が変更されたから、明日来てくれ」
と言われるも、こちらはリコン・ファームも完了しており、1時間半も離れた町からタクシーで来たのである。
セーシェル航空にクレームを言いにいくと、他の乗客も続々集まってきて、クレームを言っている。
南アフリカ人が多く、彼らは自己主張が非常に強いため、任せておくと、
・    ホテル
・    送迎
・    夕飯
・    ドリンク(アルコール以外)
は、航空会社が手配するという話になった。

今回は、モーリシャスからセーシェルに飛ぶ予定であり、翌日セーシェルからカタールに向かい、乗り継いで日本に帰る予定であったため、係員に確認すると、
「明日の5時には確実に出発するから、セーシェルで問題なく乗り継げる。また、セーシェルの担当者にも伝えておくから問題ない」
とのことだった。
しかし、いまいち信じることができず、他の手段で、例えばモーリシャス航空などで、ドバイ経由でカタールまで行けないか聞いてみるものの
「自分を信頼してくれ。絶対に間に合うから」
と強く言ってくるため、仕方なくホテルへ向かうことにする。

宿泊用に案内されたホテルは、モーヴェンピックというスイス系の5つ星リゾート・ホテルだった。

モーヴェンピック・ホテル入り口。

いかにも高級リゾートといった雰囲気のホテル。

ロビーからは海を眺めることができる。手続きがてらウェルカム・ドリンクのサービスも。

いかにも超高級リゾートといった雰囲気のホテルだったが、ボーイの対応はさほど素晴らしくはなく、自己主張の強い南アフリカ人に何度も怒られていた。
結局、ウェルカム・ドリンクのサービスこそあったものの、チェックインが完了するまでに1時間以上待たされ、部屋に案内された。
部屋は予想をはるかに超えて豪華で、モーリシャスに行くならぜひ泊まるべきと他の人に薦めても良いほど文句の付け所のない設備だった。

豪華な部屋。

大きなバスタブ付。

部屋からの風景。

宿泊した建物の外観。

ライトアップされたプール。

プライベート・ビーチから見た夕日。

予想以上に豪華であり、夕飯は目移りするほどの種類のビュッフェ、さらにセガ・ダンスのパフォーマンスまで付いており、まさに豪華リゾートを体感できた。
ただ、翌日乗り継げるかが常に気がかりであり、残念ながら満喫することはできなかった。
後になってみれば、開き直って楽しんでしまうべきであったと少し後悔している。

ビュッフェの様子。とにかく種類が豊富。

ビュッフェの様子その2。

料理その1。

料理その2。全種類制覇すべく、少しずつ盛り付け。味も素晴らしかった。

ファイヤー・ダンス・ショー。

セガ・ダンスの実演も。

パフォーマンスのレベルも高い。


モーリシャス:リゾート地トゥル・オ・ビッシュへ

モーリシャス最終日、グランベで自転車を借り、トゥル・オ・ビッシュのビーチへ行ってみることにした。

トゥル・オ・ビッシュは、グランベから自転車でおよそ25分行ったところにある。
グランベは小さなホテルと旅行会社が点在しているのに対し、トゥル・オ・ビッシュは大型リゾートホテルが立ち並ぶエリアだ。

グランベからトゥル・オ・ビッシュに行く途中にあるインド寺院。

グランベからトゥル・オ・ビッシュに行く途中にあるインド寺院その2。

自転車でわずかな距離なのだが、トゥル・オ・ビッシュは人も少なく、海もとてもきれいで、ゆったりするには抜群の場所だった。
海のきれいさは、イル・オ・セルフともそん色なく、モーリシャスはバックパッカーとしてくるのではなく、高級リゾートで過ごすべきなのかなと感じた。

トゥル・オ・ビッシュ・ビーチ。

家族連れで遊びに来ている人も多かった。

イル・オ・セルフと比べてもそん色ないきれいな海。

人も少なくゆったりと過ごせる。

グランベからトゥル・オ・ビッシュへの道中。自転車でも気持ちのいい道。


1 2 3 4

ホーム > 2009 > 夏- セーシェル・モーリシャス周遊

検索
メタ情報

ページの上部に戻る