ホーム > 2011 12月~2012 2月 南米その2 | 2011- > チリ

チリのアーカイブ

チリ:パイネ国立公園 ~パイネ国立公園1日ツアー~

前日、パイネの1番有名なトレッキングコースを歩いたため、色々な展望台を巡ってくれる旅行会社主催の1日ツアーに参加することにした。

今日も、7時半に旅行会社のバスがホステルへ迎えに来た。

バスは、まずミロドンの洞窟へ向かった。
ミロドンとは、約1万年前にこの地方に生息していたナマケモノのような動物らしい。
大きさは巨大で3メートルくらいあったのだとか。
ただ、現在も謎が多いらしい。

実際に洞窟を見てみて、想像よりもだいぶ小さいし、そもそも骨が見つかったとは言え、1匹分だけのようなので、ただの突然変異ではないかと感じたりも。

1万年後の人類が、チェ・ホンマンやジャイアント馬場の骨を見つけて、
「昔の人はこんなに大きかったんだ」
って言っているくらいのレベルなんじゃ?

ただ、なんだかんだと楽しんで見学することができた。

2011Chile113

ミロドンの洞窟。

2011Chile126

ミロドンの洞窟受付。

2011Chile114

ミロドンの紹介。

2011Chile115

洞窟への道。

2011Chile116

この洞窟で骨が見つかったらしい。

2011Chile117

重要な石なんだとか。

2011Chile118

洞窟内部。

2011Chile119

洞窟内部その2。

2011Chile120

洞窟内部その3。

2011Chile121

洞窟内部その4。

2011Chile122

洞窟内部その5。

2011Chile123

ただの大きなクマな気も。

2011Chile124

まあ、こんなのがいたら怖いけど。

次に、いよいよパイネである。

残念ながら、天気が悪い。

一つ目の展望台からは、全景を見ることはできたものの、天気がいまいちでパッとせず。

このツアーでは、いくつもの展望台を巡っていく。
展望台を巡っているうちに天気もだんだんと良くなってきた。

天気がよくなれば、なかなかの景色の連続である。

ツアーでは、パイネを代表する滝のサルト・グランデや氷河が流れ落ちる湖のグレイ湖なども訪れるため、個人的にはトレッキングよりもいろいろ見れて楽しむことができた。

もし時間がないのなら、パイネではトレッキングではなく、バスツアーに参加してしまうことをおすすめしたい。

2011Chile127

途中で休憩を取りつつ、パイネへ。

2011Chile130

最初に訪れた展望台からの景色。天気が…。

2011Chile138

動物もちらほらいる。

2011Chile147

2つ目に訪れた展望台からの景色。トーレス・デル・パイネも見える。

2011Chile148

昨日のトレッキング行かなくてよかった気も少しだけ。

2011Chile154

晴れてたら、相当きれいそう。

2011Chile156

3つ目の展望台からの景色。

2011Chile158

段々と日差しが出てきた。

2011Chile160

氷河も見える。

2011Chile162

個人的には、トーレス・デル・パイネよりここからの風景に魅力を感じた。

2011Chile163

パタゴニアっぽい風景。

2011Chile164

CMやポスターみたい。

2011Chile165

見学の様子。

2011Chile167

サルト・グランデ。

2011Chile168

予想より迫力があった。

2011Chile172

サルト・グランデ周辺からの景色。

2011Chile175

サルト・グランデと人。

2011Chile187

ここで昼食休憩。晴れていて気持ち良い。

2011Chile181

ここからの眺めもまた素晴らしい。

2011Chile182

パイネは入場ゲートの反対側からの見た目のほうがきれい。

2011Chile183

トレッキングも4日くらいすればもっと楽しめたのかもしれない。

2011Chile188

昼食を終え、グレイ湖へ。

2011Chile190

氷が湖に浮いている。

2011Chile193

かなり強風だ。

2011Chile194

日差しもあって、良い景色だ。

2011Chile200

左奥が氷河。

2011Chile201

南極に行っていただけに、この程度の氷はどうでもいいかも。

2011Chile203

氷河拡大。トレッキングをすると、間近に行けるらしい。

2011Chile205

グレイ湖の景色。

2011Chile208

氷河と氷。

2011Chile212

グレイ湖の景色その2。

2011Chile216

最後に訪れた展望台からの景色。


チリ:パイネ国立公園 ~トーレス・デル・パイネ・トレッキング~

旅行会社おすすめのトレッキングに行くことにした。

7時半に旅行会社がアレンジしたパイネ行きのバスがホステルに迎えに来た。
途中休憩を挟み、国立公園のゲートには10時10分頃到着した。

ここで、パイネ国立公園の入場チケットを購入する。
値段は15000ペソ(2300円くらい)とかなり高額だ。
このチケットは、3日間有効なのだが、翌日も訪れたい場合は、公園を離れる際にスタンプを押してもらわなければならず、注意が必要だ。

この値段も、またも外国人料金で、チリ人や近隣諸国の住人はとても安い値段で訪れることができる。
この不公平感にはいつもイライラさせられる。

パイネ国立公園のゲート付近には、ホステリア・ラス・トーレスの送迎バスが迎えに来ており、宿泊客でなくとも、乗ることができる。
バスに乗り、ホステリア・ラス・トーレスまで向かった。

ホステリア・ラス・トーレスには、10時50分頃到着した。

今日は日帰りで、トーレス・デル・パイネの展望台まで行く予定だ。

地図やガイドブックによると、歩くだけで8時間ほどかかるようで、展望台での時間などを考えると、かなり急ぎでいく必要がありそうだ。

トレッキングコースだが、トレッキングというよりも散歩程度の簡単な道だった。
多少のアップダウンこそあるが、さほど辛くはない。

が、問題なのは途中の景色である。
まったくすごくない。

そのうちすごくなるはずと思い続け、何と最終の展望台に到着してしまった。

ここまでわずか2時間半弱だ。
ガイドブックなどでは4時間と記載されているが、そんなにかかるとは思えない。
急ぎ気味には来たが、決して走ったわけでもなく。

そんなこんなで展望台でしばらくゆったりした後、下ることにした。

展望台の景色こそそれなりだったが、それでもロライマの時のような感動もなく、こんなものかといった感想だ。

帰りは下りなので、行きよりも早く着いてしまった。

帰りのバスは、ホステリア・ラス・トーレスを19時半発なのだが、16時前にホステリア・ラス・トーレスに着いてしまい、暇すぎるので、国立公園のゲートまでも歩いてしまうことにした。

ホステリア・ラス・トーレス送迎バスも有料なので、少しはお金も浮くし、時間も潰せるし。

ホステリア・ラス・トーレスから国立公園ゲートは平坦ながらも、見どころもない中で9キロもあるため、少ししんどかった。

国立公園ゲートからは、20時発のバスに乗り、22時過ぎにプエルト・ナタレスへ戻ることができた。

2011Chile047

ホステリア・ラス・トーレス前。

2011Chile048

案内板が多いので、迷う心配はない。

2011Chile050

この雪山はなかなか美しい。

2011Chile054

何度か川を越えるが、橋があるので楽。

2011Chile056

天気も良く、風もないためトレッキング日和だ。

2011Chile057

残念ながら、歩いている道はさほど景勝地ではない。

2011Chile058

道中の景色。

2011Chile059

第一キャンプ間近。

2011Chile060

ここまでは上り坂が続き、少しだけ疲れた。

2011Chile062

第一キャンプには、馬がたくさんいた。

2011Chile063

第一キャンプ。

2011Chile064

荷物運搬用か観光用かはわからず。

2011Chile065

さらに先へ進む。

2011Chile066

道も安定していて、かなり簡単なルートだ。

2011Chile067

ところどころになぎ倒された木がある。

2011Chile068

道中の景色その2。

2011Chile069

突然ナショナルパークの看板が。

2011Chile070

トーレス・デル・パイネが見えてきた。

2011Chile071

だんだんと石が多くなってきた。

2011Chile072

道中の景色その3。

2011Chile073

第二キャンプに到着。

2011Chile074

第一から第二への道のりはアップダウンも少なく楽だった。

2011Chile076

キャンプは石でエリア分けしてあるだけ。

2011Chile077

ここからは急な上り坂を進む。

2011Chile078

砂利が多く、足場も悪い。

2011Chile079

トーレス・デル・パイネがかなり大きく見えてきた。

2011Chile081

これが有名なトーレス・デル・パイネだ。

2011Chile083

確かにそれなりには美しい。

2011Chile084

が、絶景というほどでもないような…。

2011Chile085

全体像。

2011Chile087

角度を少し変えて撮影。

2011Chile099

これという構図が決まらない。

2011Chile100

下山開始。

2011Chile101

下山途中には、馬で登ってくる人にもすれ違った。

2011Chile103

馬なら相当楽そうだ。

2011Chile106

馬を避けて待つトレッカー。

2011Chile108

乗馬をしたくなってきた。

2011Chile110

至るところに、地図があり、現在地を把握できる。

2011Chile111

北海道のような風景。

2011Chile112

プエルト・ナタレス行きのバス。


チリ:のどかな雰囲気のプエルト・ナタレス

プンタ・アレーナスからプエルト・ナタレスへ移動してきた。

3時間のバスだが、値段はわずか4000ペソ(600円くらい)と格安だ。
アルゼンチンに比べて、チリの物価は断然安い。

プエルト・ナタレスはのどかな雰囲気の小さな町で、町中でやることは何もない。

翌日以降のパイネの情報集めをし、バスの予約などを終え、翌日に備えて休息することにした。

2011Chile036

町の中心にある広場。

2011Chile035

パロキアル教会。

2011Chile034

パロキアル教会その2。

2011Chile039

湖畔に面したツーリスト・インフォメーション。

2011Chile040

湖からの眺め。

2011Chile041

置いてあった列車。

2011Chile042

町並み。とにかく旅行会社が多い。

2011Chile045

常に混んでいるピザ屋メシタ・グランデ。

2011Chile044

味もなかなかで、何より雰囲気が良かった。


1 2

ホーム > 2011 12月~2012 2月 南米その2 | 2011- > チリ

検索
メタ情報

ページの上部に戻る