ホーム > 2011 12月~2012 2月 南米その2 | 2011- > ボリビア

ボリビアのアーカイブ

ボリビア:タイのリゾートのようなコパカバーナ

ラ・パスからコパカバーナへやってきた。

今回は、コパカバーナ経由でプーノへ行くだけの経由地なのだが、バスの乗り継ぎで2時間ほど時間が空いたため、町を歩いてみることにした。

地球の歩き方では、扱いもとても小さく、地図すら載っていないので、さほど人気の町ではないと思っていたのだが、想像以上のにぎわい方に驚いてしまった。

話を聞いてみると、欧米人には大人気のリゾートで、プーノをスキップしてでも、コパカバーナに訪れる人が多いらしい。

なるほど、町並みはまるでプーケットかピピ島かというような南国リゾートのような雰囲気である。

「ここがボリビア?」
と感じるほど、洗練されたカフェなどが立ち並んでいる。
危険さも微塵も感じず、なかなか良い雰囲気の町だった。

2012Bolivia738

コパカバーナ行きのバスでは、いったんフェリーに乗るため、バスを降りることになる。

2012Bolivia739

バスを降りてすぐの場所のプラザ。

2012Bolivia740

小船で対岸へ。

2012Bolivia741

同時にバスも川を渡る。

2012Bolivia742

ほとんどがツーリスト。

2012Bolivia743

コパカバーナがある対岸。

2012Bolivia745

マンコ・カパックの像。

2012Bolivia744

バスも順調に向かってきている。

2012Bolivia747

バス待ちの間、しばし散策。

2012Bolivia748

そして、コパカバーナに到着。

2012Bolivia749

南国リゾートのような雰囲気。

2012Bolivia750

タイみたい。

2012Bolivia751

ホテルと土産屋、旅行会社ばかりだ。

2012Bolivia752

ティティカカ湖。

2012Bolivia753

スワン・ボートは世界共通?

2012Bolivia754

ティティカカ湖の眺め。

2012Bolivia755

周囲はホテルだらけ。

2012Bolivia756

再び、メインストリートへ。

2012Bolivia758

ほんとにツーリストだらけだ。

2012Bolivia759

この雰囲気は、マチュピチュ村以来かも。

2012Bolivia760

土産はちょっと高めな印象だった。

2012Bolivia762

なぜガイドブックに大きく紹介されていないのか疑問だ。

2012Bolivia763

カテドラル。

2012Bolivia723

想像を遥かに超えて、大きい。

2012Bolivia724

カテドラル周辺には露店も多い。

2012Bolivia726

車に願掛けも行われていた。

2012Bolivia728

色鮮やかな衣服を売る店。

2012Bolivia730

1時間ほどで飽きてしまった…。

2012Bolivia732

ボリビアではどこにでも日本の中古車が溢れている。

2012Bolivia733

レストランに入ることにした。

2012Bolivia734

スープ。

2012Bolivia735

トゥルーチャ。

2012Bolivia736

デザート。


ボリビア:かなり小規模なティワナク遺跡

ラ・パスの旅行会社主催の1日ツアーで世界遺産にも登録されているティワナク遺跡を訪れることにした。

ティワナク遺跡は、紀元前200年から紀元後1200年頃まで、1400年も栄えた文明で、ティティカカ湖畔の文化に多大な影響を与えた文化らしい。

残念ながら、多くのことが謎に包まれており、そもそも遺跡の発掘すら全体の30%ほどしか進んでいないらしいのだが、インカ帝国にも大きな影響を与えたと考えられているのだとか。

ここは、個人でコレクティーボに乗りアクセスすることもできるのだが、ツアーの料金も決して高くなく、さらに英語ガイドもつくため、ツアーのメリットのほうが大きいと判断した。

2012Bolivia6422012Bolivia6432012Bolivia644

実際、遺跡を訪れてみても、特に英語の案内板があるわけでもなく、ガイドがいなければ、ほとんどの見どころをスルーしてしまったように思う。

さて、ツアーでは、まずティワナクの博物館を訪れた。
この博物館は写真撮影禁止だったのが残念だ。

博物館には、カラササーヤから発掘された高さ7メートルのモノリートのベネット(石像)があるが、それすら写真を撮れないのはとても不満だった。

これは、以前はラ・パスで、屋外に置かれており、クーデターなどのため、破損などが起こり、移動してきたらしいのだが、一方で現在は写真すら撮れないなんて…。

2012Bolivia646

ティワナク。かつては列車が走っていたのだろうか?

2012Bolivia647

博物館。

2012Bolivia648

博物館前には、土産屋が並んでいる。

博物館見学後、いよいよ遺跡見学だ。

まずは、アカパナのピラミッドを訪れた。
このピラミッド上部には、かつては貯水池と食糧倉庫があったと考えられているらしい。

2012Bolivia651

遺跡全景。

2012Bolivia652

誠実そうなガイド。

2012Bolivia653

アカパナのピラミッド。

2012Bolivia654

まだまだ発掘途中らしい。

2012Bolivia683

でも、発掘を急いでいる様子もないので、一生終わらないかも。

2012Bolivia684

ピラミッド上部から見た遺跡。

2012Bolivia685

ピラミッド上部。

その後、カンタタイータという草が伸びた中にいくつか石がある場所の横を通り、遺跡の中心だったと考えられているカラササーヤを訪れた。

ここにはモノリートや、ティワナクで最大の見どころの太陽の門があるが、現在ある場所は、かつての場所とは異なっているらしい。

正確な場所に建てたいらしいが、実際にどこにあったのかは未だに不明らしい。

2012Bolivia656

カンタタイータ。

2012Bolivia657

モノリートとピラミッド。

2012Bolivia658

モノリート。

2012Bolivia659

オリジナルはここに立っていたわけではないというから、すごい適当だ。

2012Bolivia661

他のモノリートも。

2012Bolivia662

近くに入れないようにロープがあり、写真の邪魔になる…。

2012Bolivia663

遺跡とモノリート。

2012Bolivia664

カラササーヤの様子。

2012Bolivia665

カラササーヤの様子その2。

2012Bolivia666

金属を加工していた跡。

2012Bolivia667

これは、拡声器のような役割だったらしい。

2012Bolivia668

太陽の門。

2012Bolivia669

これもオリジナルの場所と異なるらしい…。

2012Bolivia670

直せば良いのに。

2012Bolivia671

遺跡周辺。

2012Bolivia673

カラササーヤ外壁。

その後、半地下神殿を訪れ、昼食となった。

2012Bolivia675

カラササーヤを半地下神殿側から眺める。

2012Bolivia676

ここが遺跡最大の見どころだ。

2012Bolivia677

正面からのみ、モノリートも眺めることができる。

2012Bolivia678

半地下神殿。

2012Bolivia679

壁には顔が刻まれている。

2012Bolivia680

ここも遺跡のハイライトの一つだ。

2012Bolivia681

半地下神殿中心の像。

2012Bolivia682

半地下神殿全景。

2012Bolivia691

昼食は近くのホテルで。

2012Bolivia689

スープ。

2012Bolivia690

トゥルーチャ。

昼食後は、プーマプンクという少し郊外にある遺跡を訪れ、再びラ・パスへ戻ることとなった。

2012Bolivia692

プーマプンク。

2012Bolivia694

金属加工の跡が残る石が転がっている。

2012Bolivia695

多くの石があるだけ、写真は撮りやすい。

2012Bolivia696

これも加工がなされていたという証拠らしい。

2012Bolivia697

プーマプンクの様子。

2012Bolivia698

プーマプンクの様子その2。

2012Bolivia699

プーマプンクの様子その3。

2012Bolivia700

プーマプンクの様子その4。

2012Bolivia701

プーマプンクの様子その5。

2012Bolivia702

プーマプンクの様子その6。

2012Bolivia703

プーマプンクの様子その7。

2012Bolivia704

プーマプンクの様子その8。

正直、遺跡の規模は小さく、またあまりにも発掘が進んでいないため、あまり見ごたえはなかった。
もちろん、とても古い遺跡なので、それも仕方がないのだが、時間がなければ省いてしまっても良い遺跡であるようにも感じた。


ボリビア:ラ・パス ~食の町のレストラン巡り~

ラ・パスには多くの日本食屋があり、どこもレベルが高いと聞いていた。

また、韓国料理屋などもあるとのことで、サンパウロに引き続き、かなり食にも期待して訪れた。

以下、再び、独断と偏見での評価をしようと思う。

【ブルーベリーズ・カフェ】

「世界で1番おいしい鳥の照り焼きが食べられる」
と絶賛されているブルーベリーズ・カフェ。

地球の歩き方にこそ紹介されていないものの、バックパッカーの口コミでは良い噂ばかりだ。

ラ・パスに訪れ、最初に足を運んでみた。

なるほど、確かにおいしい。
世界で1番とは言い過ぎかもしれないが、ラ・パスでこれほどのレベルの料理を食べることができるとは思っておらず、大満足だった。

ついでに、カレーも有名とのことで頼んでみた。
こちらも確かにおいしい。
が、鳥の照り焼きに比べると、インパクトはだいぶ欠ける気もした。

値段も手ごろで素晴らしいが、ボリビアにしてはボリュームが少ないかなとも感じた。

2012Bolivia363

ブルーベリーズ・カフェ。

2012Bolivia356

ボリビアとは思えないほど、洗練された雰囲気。

2012Bolivia357

カフェ内部。

2012Bolivia358

サラダ。

2012Bolivia359

ブルーベリー・スカッシュ。

2012Bolivia360

そして、名物の鳥の照り焼き。

2012Bolivia362

食後には、ハーブティーも。

2012Bolivia361

もう一つの名物のカレー。

【けんちゃん】

地球の歩き方にも載っている日本料理屋。

日本人が店内にいる様子はなく、作業はすべてボリビア人が行っているようだった。

トゥルーチャちらしとカツ丼を食べたが、どちらもボリュームも多く、なかなかの味だった。

ブルーベリーズ・カフェにこそ及ばないが、十分に満足できる味だった。

2012Bolivia365

けんちゃん。

2012Bolivia366

入り口。

2012Bolivia367

店内は広々している。

2012Bolivia368

漫画も読み放題だ。

2012Bolivia369

トゥルーチャちらし定食。

2012Bolivia495

カツ丼。

【アレキサンダー・カフェ】

チーズ・ケーキで有名なアレキサンダー・カフェにも立ち寄った。

ボリビアにしてはだいぶ値段が高かったが、ボリューム感たっぷりで、味もおいしく大満足だった。

2012Bolivia639

あちこちにあるアレキサンダー・カフェ。

2012Bolivia640

イチゴ・チーズケーキ。

2012Bolivia641

マンゴー・チーズケーキ。

【タイ・オールド・タウン】

祝日のため、行きたかった韓国料理屋のコリア・タウンも日本料理屋のわがままも休みだったため、サガルナガ通りで目立っていたタイ・オールド・タウンというレストランを訪れた。

看板こそタイを前面に押し出しているが、メニューを見ると、日本料理が1番最初に書かれており、次がタイ料理、最後にインド料理が書かれていた。

この時点で、何が売りかわからず、嫌な予感がしたのだが、その予感は大的中。

鳥のココナッツ・ミルク風味煮込みを頼んだのだが、何がココナッツ・ミルク風味なのかまったくわからず。

2012Bolivia717

タイ・オールド・タウン。

2012Bolivia719

雰囲気は良い。

2012Bolivia718

客が誰もいないのが、気になるけど。

2012Bolivia720

見栄えはともかく、味が残念だった。

まあ、そもそもここを訪れたのは、韓国料理屋のコリア・タウンも日本料理屋のわがままが休みだったためで、定休日はともかく、祝日くらい普通に営業しろよと思ったりも。
ボリビアの普通の店は営業してるんだからさ…。

2012Bolivia707

コリア・タウン。

2012Bolivia711

わがまま。


1 2 3 4

ホーム > 2011 12月~2012 2月 南米その2 | 2011- > ボリビア

検索
メタ情報

ページの上部に戻る