ホーム > 2012 2月~2012 4月 中米 | 2011- > エルサルバドル

エルサルバドルのアーカイブ

エルサルバドル:エルサル唯一の世界遺産ホヤ・デ・セレン

サン・サルバドルの西バスターミナルから、オピコ行きのバスに乗り、エルサルバドル唯一の世界遺産のホヤ・デ・セレンへ訪れることにした。

バスは、およそ1時間でホヤ・デ・セレンに到着した。

 2012ElSalvador014

オピコ行きのバス。頻発。

エルサルバドルの人は、今まで訪れた国の中でも、屈指の親切さで、皆でホヤ・デ・セレンの場所を教えてくれた。
また、西バスターミナルに訪れる際にも道を尋ねたのだが、なんとわざわざ連れて行ってくれた。

治安の悪い地域と思っていただけに、ギャップで尚のことうれしく感じる。

さて、このホヤ・デ・セレンだが、中米のポンペイとも言われ、640年の火山噴火により、1300年もの間、灰に埋もれていたマヤ住居跡の遺跡だ。

遺跡は、1976年のサイロ建設の際に偶然発見されたらしく、当時の生活を垣間見れる貴重な遺跡らしい。

一方、観光としてみる分には、規模はとても小さく、さらに発掘も進んでいないため、インパクトは少ないかもしれない。
ただ、他の遺跡とは異なった発掘途中の様子を見ることができ、それなりに興味深かった。

2012ElSalvador015

ホヤ・デ・セレン入り口。

2012ElSalvador040

併設の博物館などは立派だ。

2012ElSalvador016

博物館。

2012ElSalvador017

博物館内部。

2012ElSalvador039

世界遺産の碑。

2012ElSalvador038

博物館見学後に、遺跡のゲートの鍵を開けてもらう。

 2012ElSalvador019

ホヤ・デ・セレン遺跡。

2012ElSalvador020

ピラミッドなどが残っているわけではないが、これはこれで見ごたえがある。

2012ElSalvador021

このような保存形態の遺跡はなかなか少ない。

2012ElSalvador022

いずれ、他の遺跡のように発掘が進むのだろうか。

2012ElSalvador024

発掘が進んでいないためか、観光客も全くいない。

  2012ElSalvador025

遺跡はこのような建物の中にある。

  2012ElSalvador027

遺跡エリア内の庭園。

2012ElSalvador030

もう少し案内板が充実していれば良かったなとも感じたりも。

2012ElSalvador031

ホヤ・デ・セレン遺跡その2。

2012ElSalvador032

ホヤ・デ・セレン遺跡その3。

2012ElSalvador033

ホヤ・デ・セレン遺跡その4。

2012ElSalvador034

ホヤ・デ・セレン遺跡その5。

2012ElSalvador035

ホヤ・デ・セレン遺跡その6。

2012ElSalvador036

ホヤ・デ・セレン遺跡その7。

2012ElSalvador037

ホヤ・デ・セレン遺跡その8。


エルサルバドル:四重苦の体調不良でサン・サルバドル巡り

コパン・ルイナスからシャトルバスを利用し、グアテマラ経由でサンサルバドルへやってきた。

当初、自力でグアテマラ・シティまで行き、そこからサンサルバドルへTICAバスなどを利用して来ようかと思ったのだが、丸々一日潰れてしまうので、13時発の19時頃到着のシャトルバスを利用することにした。

シャトルバスは、乗客は3人だけとほぼ貸切タクシーのような状態で、国境もすんなり通過し、楽にサンサルバドルへ移動してくることができた。

が、事前にも聞いていたものの、シャトルバスとは言いつつ、好きな場所までは連れて行ってくれない。
どこかのホステルに連れて行ってくれると聞いていたものの、そのホステルは看板すら出していないホステルだった。
挙句に、名刺がないため、どこかへ出かけたら、戻ってこれる気がしない…。

中を見ると、部屋はきれいだし、お湯シャワーはじゃぶじゃぶで良いのだが、如何せん立地が悪すぎる。
なんとセントロから10キロも離れているのである。

19時過ぎに、嘘だと思うが、ガイドブック曰く、現地人もピアスすらつけていないほど治安が悪く、耳ごと強盗がちぎろうとしてくるという場所を移動したくなく、チェックインすることにした。

明日、タクシーでセントロに移動しなければ。
10キロって、いくらかかるんだ…とだいぶイライラ。

後々調べたところ、付近はソナ・ロサという高級住宅街で治安がいい場所だったらしい。
現在は、欧米人などの観光の拠点はこちらに移っているらしく、バスで中心部にアクセスできるらしい。

2012Honduras365

国境。エルサルは入出国ともにスタンプなし。残念。

翌日、朝起きてみると、というか夜もほとんど眠れなかったのだが、体中が痛い。
どうやら筋肉痛に、風邪による頭痛、腹痛、さらには乗馬による尻の皮が剥けたという四重苦で、体中がだるい。

これで、大きなバックパックを持ってセントロに移動するのは不可能だと思い、断念。

一方、サンサルバドルには1日しか滞在するつもりはなく、薬を飲みつつ、セントロの観光をすることにした。

セントロへは、バスで向かった。

途中、独立記念塔を見つつ、セントロに到着した。

2012ElSalvador003

ラス・アメリカ広場。

2012ElSalvador009

独立記念塔。

2012ElSalvador010

独立記念塔周辺はきれいな建物が多い。

2012ElSalvador012

この辺は治安も良さそうだ。

すごく治安が悪いのかと危惧していたが、活気こそあるものの、治安の悪さはさほど感じない。
むしろ人の雰囲気は、周辺諸国に比べ、とても良く見える。

カテドラル・メトロポリターナやクアルテル市場などを巡った。
活気もあり、呼び込みの雰囲気もとても良く、想像以上に楽しむことができた。

2012ElSalvador048

国立宮殿。

2012ElSalvador049

度重なる大地震の被害を受けつつも、修復されたカテドラル・メトロポリターナ。

2012ElSalvador052

工事中で立ち入り禁止だったバリオス広場。

2012ElSalvador054

バリオス広場の像。

  2012ElSalvador056

国立劇場。

  2012ElSalvador058

道端には露店が並ぶ。

  2012ElSalvador061

古びた町並みが、また美しい。

2012ElSalvador064

グアルテル市場。

2012ElSalvador062

久々に、多くの客引きに声をかけられた。買いたいものはなかったけど、活気は抜群。

 2012ElSalvador067

ロサリオ教会。

2012ElSalvador070

リベルター広場。

2012ElSalvador071

電器製品といえば日本!

2012ElSalvador072

決してきれいではないが、画になる町並み。

  2012ElSalvador074

治安も悪くなさそうで、写真撮影も楽だ。

2012ElSalvador075

果物の種類も多い。

 2012ElSalvador077

中米では、久々に町歩きをしている気がする。

  2012ElSalvador079

露天の数はかなり多そうだった。

  2012ElSalvador082

念のため、市場の奥には入らず。

2012ElSalvador083

治安に不安は感じなかったが、悪い噂も多く聞くので。

2012ElSalvador084

散策を満喫できた。

  2012ElSalvador087

町並み。

その後、翌日のTICAバスのチケットを予約するために、ゾナ・ロサ地区に行ってみることにした。

国立人類博物館などがこの地域にあり、最近は、国際バスの会社もこちらにもオフィスを構え、どちらかというとツーリストの起点はこの辺りになってきているようだ。

 2012ElSalvador041

TICAバスのターミナル。周囲はファースト・フードの店などが多い。

2012ElSalvador042

目の前にあった日本料理屋ダルマ。

2012ElSalvador045

野菜ばっかだし、味はイマイチ。

2012ElSalvador046

国立人類学博物館。

  2012ElSalvador089

グアダルーペ教会。

全く期待していなかったサン・サルバドルだが、町の雰囲気もとても良く、期待以上だった。


ホーム > 2012 2月~2012 4月 中米 | 2011- > エルサルバドル

検索
メタ情報

ページの上部に戻る