ホーム > 2012 2月~2012 4月 中米 | 2011- > コスタリカ

コスタリカのアーカイブ

コスタリカ:幻の鳥ケツァールを間近で目撃!

コスタリカを訪れる人の多くが、ケツァールを見ることを目的にしているのではないだろうか。

ケツァールは、世界で最も美しい鳥の1種と言われ、見た人は幸せになれるといわれるほど貴重な鳥だ。
手塚治虫の、火の鳥のモデルになったともいわれ、バードウォッチャーの憧れらしい。

コスタリカでは、モンテベルデなどで見れるようだが、かなり運が良くないと見れないらしい。
高額なツアー代を払って、見れなかったのではショックなので、どうにかして高確率で見れないか調べてみた。

まず、ケツァール見学は、乾季でないと見ることが困難らしい。
特に、2月から4月が最適らしく、訪れた時期はドンピシャだった。

現在、最もケツァールを高い確率で見れる場所は、2箇所あり、どちらも個人でアクセスできるようだ。

1. セロ・デ・ラ・ムエルテ

サン・ホセのバス会社MUSOCを利用し、サン・イシドロ行きに乗り、70キロ地点で降りる。
MUSOCのバスは、出発後1時間ほどでトイレ休憩があり、そこから10分ほどのところが70キロ地点になる。
運転手はすぐに忘れてしまうので、何度も確認する必要がある。

MUSOCの場所は、Avenue 22、Calle CentralとCalle 1の間にある。
近くに行けば、大きな看板もあり、比較的わかりやすい。

MUSOCのバスは5時半からあるのだが、6時半のバスを利用すれば、ケツァールが活発に行動している時間帯に訪れることができる。

バスを降りると、ケツァールなどと書かれた看板があるので、1本道をしばらく進んでいく。

10分ほど歩くと、左側にMirador de Querzall、右側にParaiso de Quezallというロッジがあり、ガイド付きツアーを催行している。

どちらも13~15ドルのツアー代を請求されるが、多くの人が10ドルまで値切れている模様。

評判はどちらもまちまちだ。

Mirador de Querzallは、地図だけを渡され、ガイドがついてこなかったという話を聞いたが、私の時はとても感じの良いガイドが3時間ほども案内してくれ、とても満足のいくツアーになった。
ケツァールも間近で見ることができ、こちらを選んで大正解だった。

Paraiso de Quezallの方が評判が良さそうだったが、オーナーがガイドでないと、ケツァールを見つけられなかったりするらしい。
同時期に訪れた人は、わずか1時間でツアーが終了し、ほとんど見れなかったとのことだった。

いずれにせよ、ツアー開始前にしっかりと確認する必要がある。
ただ、あまり悪質な感じはなく、必要以上に警戒する必要はないと思う。

どちらもロッジ併設で、雰囲気も良く、宿泊してもいいかなとも感じた。

なお、ガイドがいなければ、ケツァールを見つけることは非常に困難であると思う。
ケチらず、ガイドは雇うべし。

帰りは降りた場所から、サン・ホセ方面へ走ってくるバスをつかまえる。
MUSOC以外にもバスはあり、バス停には屋根もあるので、雨でも安心だ。

2. サン・ヘラルド・デ・ドータ

サン・ホセのバス会社MUSOCを利用し、サン・イシドロ行きに乗り、80キロ地点で降りる。

そこから山道を9キロほど進んだ場所が、サン・ヘラルド・デ・ドータで、ホテルに送迎を頼むのが一般的らしい。

ただ、ホテルが送迎を忘れることが頻繁らしく、出発直前に連絡を入れるべきだとか。

ここは、水曜どうでしょうで、大泉洋が訪れた場所だ。

宿泊代がかさむこと、ホテルに事前に連絡することなど少しハードルが上がる。

さて、今回は、セロ・デ・ラ・ムエルテを訪れ、Mirador de Querzallでツアーを申し込んだ。
ジェイソンというガイドだったが、とても親切で、わずか10ドルのツアーなのに、3時間程度もケツァールを探し、写真撮影にもゆっくりと対応してくれた。
大満足のツアーだった。

2012CostaRica011

MUSOCのバスターミナル。

2012CostaRica027

MUSOCのバス。

2012CostaRica028

途中トイレ休憩がある。

2012CostaRica029

70キロ地点。進行方向から見て、右側に看板がある。

2012CostaRica030

この道をしばらく歩く。

2012CostaRica032

Mirador de Querzall。

2012CostaRica046

受付。

2012CostaRica031

雰囲気良し。オーロラ観測ロッジを思い出してしまった。

2012CostaRica033

宿泊も可能らしい。

2012CostaRica035

こんな道を歩き、ケツァール探し。

2012CostaRica036

ガイドは望遠鏡持参。

2012CostaRica037

雨で、少しぬかるんでいた。

2012CostaRica074

ケツァールのメス発見。メスは地味らしい。

2012CostaRica075

ついにオス発見。が、見にくい。通常こんなものらしい。

2012CostaRica076

ようやく全体像が見えた。

2012CostaRica077

色鮮やかだ。

2012CostaRica078

こちらにもケツァールが。まあまあ見れたので、今日はこれで終わりかと思ったら…。

2012CostaRica079

近くにケツァールが飛んできてくれた。

2012CostaRica083

こんなことはかなり珍しいらしい。

2012CostaRica084

ラッキーすぎる。

2012CostaRica086

このケツァールに感謝!

2012CostaRica034

帰り道。ピューマがいたらしい。まあ、1945年だけど…。

2012CostaRica038

ロッジでは、ハチドリが餌付けされている。

2012CostaRica039

写真には写っていないが、常時8匹ほど飛び回っていた。

2012CostaRica040

ハチドリの羽ばたきの速さには驚く。

2012CostaRica041

きれいに撮れた。

2012CostaRica042

停止。

2012CostaRica043

これがベストショットかも。

2012CostaRica045

止まると、すずめみたい。

2012CostaRica047

帰りは、バス停でバス待ち。

2012CostaRica049

帰りのバス。


コスタリカ:見どころ少ないカルタゴ

サン・ホセからわずか20キロの距離に、コスタリカで3番目の町のカルタゴがある。

30分でアクセスできるため、訪れてみた。

カルタゴはコスタリカ最古の町で、かつては首都だったらしい。

カルタゴでの最大の見どころは、コスタリカの守護聖母の黒いマリアが祀ってあるロス・アンへレス大聖堂だ。

このビザンチン様式の大聖堂は、外観も美しいが、何と言っても黒いマリアが見れることが魅力的だった。

が、なんと現在は見学できないらしい…。
まあ、アクセスも楽だったので、別に構わないのだけど。

2012CostaRica013

ロス・アンへレス大聖堂。

2012CostaRica016

ロス・アンへレス大聖堂その2。

2012CostaRica014

大聖堂内部。

2012CostaRica015

ひざまずいて、移動するのがお祈りの作法らしい。

2012CostaRica017

中央公園と教会跡。

2012CostaRica018

教会跡。

2012CostaRica019

教会跡内部。

2012CostaRica020

路線バスで移動する。

その他には、特に見どころは発見できず、早々にサン・ホセに戻ることにした。


コスタリカ:サン・ホセで中米の熱きサッカー(?)を観戦!

宿泊していた宿のすぐ目の前がスタジアムで、たまたま試合が開催される直前に通りかかったため、サッカー観戦をすることにした。

生で、サッカーを見るのは人生で3回目。

スポーツ観戦大好きで、水泳やら柔道やらモータースポーツやら、国内を大阪から福岡、鈴鹿とあちらこちらへ見に行っていたのだけれど、サッカーを見た回数は少ない。
実は、野球も、生ではあまり見たことがない。

サッカーを初めて生で観戦したのは、ジダンにロナウド、フィーゴ、ロベカル、ベッカム、カシージャス、グティなどスーパースター勢ぞろいのレアル・マドリードが日本に来日した時だった。
銀河系軍団とか言われていて、チケット入手が困難だったのを覚えている。

その次は、高校の同級生がチケットを持っているとのことで、川崎フロンターレの試合を見に行ったっけ。
その当時、まったく選手がわからず、何が何だかわからなかった記憶がある。

今回のサン・ホセでのサッカー観戦だが、地元チームは以前トヨタカップの中米代表として日本に来た経歴もあるかなり強いチームなのだとか。

それ故か、対戦相手が、前半20分くらいから明らかに時間稼ぎをしている…。
前半から引き分け狙いとは、思い切った作戦である。

しかし、これが功を奏してか意外に点が入らない。
ホームが圧倒的に押しているのだが、決定力がないのである。

どうにか前半に1点を入れたものの、それ以上の追加点はなかった。

途中、追加点の大チャンスがあったのだが、犬が乱入し、喜んでボールに飛びついていくという大失態…。

そんなこんなで、なかなか楽しくサッカー観戦が終了した。

2012CostaRica050

盛り上がりを見せるスタジアム。

2012CostaRica087

中国が無償で建設したスタジアム。すごい立派。

2012CostaRica092

でも、犬が乱入できてしまうというのは…。

ブラジルやアルゼンチンなどは、サッカー場がかなり危険な雰囲気になることも多いようだが、コスタリカは至って平和で、むしろ日本の方が、熱くなっている人が多いのではと感じたりも。

日本に帰ったら、今話題のなでしこでも見に行くかなあ。


1 2

ホーム > 2012 2月~2012 4月 中米 | 2011- > コスタリカ

検索
メタ情報

ページの上部に戻る